TCL 65X10ってどうなの?

TCL-液晶テレビ65インチ


評価:5

このページでは、TCLのフラッグシップ4Kテレビ【65X10】のポイントを紹介します。
65X10】は、様々な新技術が採用された先進的なモデルと言えます。
また、Dolby Atomos対応のサウンドバーが付属する点にも注目してください。

65インチのみのラインナップになります。



基本仕様

型番 65X10
発売時期 2019年9月
パネル VA
バックライト 直下型青色LEDバックライト
解像度 4K(3840×2160)
HDR(ハイダイナミックレンジ) HDR10/HLG/Dolby Vision
8Kチューナー
4Kチューナー
地上デジタルデジチューナー 2
BS/CSデジタルチューナー 2
外付けHDD録画
裏録画 1番組
倍速駆動
SeeQVault
ARC
インターネット 有線/無線
定格消費電力 280W

VOD対応状況
AbemaTV
Amazonプライムビデオ
DAZN ※初回31日間無料
DMM.com ※初回2週間無料
dTV ※初回31日間無料
GYAO
Hulu ※初回2週間無料
NETFLIX
TSUTAYA TV ※初回30日間無料
U-NEXT ※初回30日間無料
YouTube
アクトビラ
アクトビラ 4K
スカパー!(オンデマンド)
ひかりTV
ひかりTV 4K

さらに詳しい仕様についてはメーカーホームページを確認してください。

65X10のGoodな点

  • 量子ドット「QLED」採用パネル
    65X10には、TCLが開発した「量子ドットLED(QLED)」が採用されています。
    その名の通り2nm~10nmの超微細な粒子を用いて色を表現しています。
    これにより従来の4Kテレビの色域よりも115%拡大し、より多くの色で映像を演出してくれます。
  • 直下型青色LEDバックライト搭載
    65X10には、より輝度を高めることが出来る「直下型LEDバックライト」が搭載されています。
    さらに通常の白色LEDと異なり、青色LEDが採用されています。
    これは先述の量子ドット技術との相乗効果でよりきれいな色の演出に寄与しています。
    また、部分的に輝度を制御する「ローカルディミング」にも対応している為、コントラストの向上にも期待できます。
  • Dolby Atomos対応サウンドバーが付属
    薄型テレビの弱点であるスピーカーですが、65X10にはDolby Atomosに対応したサウンドバーが付属してきます。
    十分な出力を確保できると共に立体音響技術で非常に濃厚な音を演出してくれます。

65X10の「もう一つ」な点

  • 4K BS/CSチューナー非搭載
    量子ドット(QLED)技術の採用や直下型青色LEDバックライトが採用されるなど、映像を従来よりも美しく描画する技術が搭載されているにもかかわらず、4K BS/CSチューナーは非搭載となります。
    65X10はTCLのフラッグシップという位置づけも考えると、1系統も搭載されていないのは少し疑問が残ります。
  • コストパフォーマンスが悪い
    海外メーカーのテレビと言えば、価格の割に画質や機能が充実していたりとコストパフォーマンスの良さが特徴でしたが、65X10関してはあまりよくありません。
    執筆時点の最安値で21万円と、同サイズ国内メーカーモデルと比べても同等か高い方に入ります。
    スペックを鑑みるとさらにコスパの悪さが目立ってしまいます。


65X10総評

 テレビとしては新興メーカーの「TCL」が日本に本格参入してからの初フラッグシップモデルとなりますでしょうか。
65インチワンサイズのラインナップから見ても、ターゲットをかなり絞り込んで投入してきたなという印象です。

量子ドット(QLED)技術や、直下型青色LEDバックライトの搭載など、新鮮な技術を投入してきた点は評価できます。
色域が115%広がるとの事ですから、その威力は是非実際に見比べて体感したいところです。
もちろん直下型青色LEDバックライトは、各エリアの輝度を別々に制御し、輝度の明暗を用いた演出を可能にする「ローカールディミング」にも対応しています。

ところがそれら高画質技術を十分に活かすことを考えると「4K BS/CSチューナー」を搭載してほしかったところです。
この時期に投入されるフラッグシップモデルであれば、「4K BS/CSチューナー」はマストでしょうから、そこは非常に残念です。

65X10のもう一つの注目点である「付属サウンドバー」については、もちろん音はそこら辺の内蔵スピーカーよりも良いです。
一つ注意したいのが、65X10のスタンド構造はサウンドバー込みで作られています。
サウンドバーが無ければテレビ自体が安定しない為、別のサウンドバーを所持している場合は固定方法を別途考える必要があります。

価格自体は、量子ドット(QLED)や直下型青色LEDバックライトにコストが掛かっているのか、65インチで22万円前後と国内メーカーの65型と比べてもそこまで価格差がありません。
海外メーカーはコストパフォーマンスの良いことが特徴ですが、65X10には当てはまらないようです。

ぶっちゃけ価格がそこまで変わらないのであれば、65X10をわざわざ購入する理由もないのかなと思います。

65X10は買いなのか?

こんな方にオススメ

  • メーカーにはこだわらない
  • スペック等はそこまで重要ではない
  • 新技術が気になる
  • テレビよりもモニターとして使う
  • 追加なしで高音質を楽しみたい

こんな方はちょっと待った

  • 複数大手VODサービスを利用する
  • 4K BS/CS番組をテレビ単体で見たい
  • 画質にこだわりたい
  • スペック重視でテレビを検討する

65X10の評価(MAX★5)

画質 ★★★
録画機能 ★★★
VODサービス ★★
コストパフォーマンス ★★
ファミリーユース(家族向け)  オススメ度 ★★★
シングルユース(一人暮らし向け)  オススメ度 ★★

【VOD利用者必見】オススメ光回線ランキング

VODを快適に利用するには光回線が推奨されます。 光回線はキャッシュバックも充実しており、新規はもちろんのこと、乗り換えで違約金等を差し引いても実質プラスになる会社がほとんどです。
中には10万円以上のキャッシュバックも受けられます!!
【10万円キャッシュバックも!?】オススメ光サービスランキングはコチラ

賃貸でもテレビを壁掛けに!?

賃貸住宅でも「とある金具」を使用することで、現状復旧可能な状態でテレビを壁掛け設置することが出来ます!!
【賃貸でもOK】テレビを壁掛けにする方法はコチラ

キャンペーン情報

今なら基本プランでテレビ&レコーダー3台までセットで初回1980円(税込み)!!
ココロ動くミライへ スカパー!