【ポイント紹介】BRAVIA A9Fシリーズ(KJ-55A9F/KJ-65A9F)

2018-09-17

このページではSONYのフラッグシップ有機ELモデルであるA9Fシリーズのポイントを紹介していきます。
A9Fは最新映像プロセッサ「X1 Ultimate」を搭載した2018年発売モデルになります。
新カテゴリーとしてSONYではA9Fを「Master series」と名付け、高画質であることを推しています。

画面サイズは55インチ/65インチの2サイズラインナップです。

基本仕様

基本仕様 A9Fシリーズ
パネル 有機EL
バックライト
解像度 4K(3840×2160)
HDR(ハイダイナミックレンジ) 〇(HDMI入力対応)
4Kチューナー
地デジチューナー 2
BS・CSデジタルチューナー 2
外付けHDD録画
複数同時録画
倍速液晶
SeeQVault
ARC
インターネット 有線/無線
定格消費電力 393-513W
VOD対応状況
AbemaTV
Amazonビデオ
DAZN
DMM.com
dTV
GYAO
Hulu
Netflix
niconico
TSUTAYA TV
U-NEXT
YouTube
アクトビラ
アクトビラ4K
ひかりTV
ひかりTV4K

詳細なスペックについては、メーカーホームページを参照してください。

 

A9FシリーズのGoodな点

  • 新開発映像処理エンジン「X1 Ultimate」は、先代「X1 Extream」からの正統進化

年々有機ELテレビは進化を続けており、それに伴い付随する機能もどんどん進化を遂げています。
今回SONYが新開発した映像処理エンジン「X1 Ultimate」はSONYが新カテゴリー「Master series」の第一弾に搭載してくるほど自信のあるエンジンになっていることが伺えます。

  • A8Fシリーズからサウンドが強化され、2.1chから3.2chへとグレードアップされている

先代のA8Fシリーズのサウンドは画面全体から発せられる臨場感のある高評価なスピーカーでした。
しかしA9Fシリーズではさらにサウンドを強化し、スピーカー数を増加させA8Fの2.1chから3.2chへと進化しました。
それにより最大出力もA8Fの50Wから98Wへと強化され、サウンドシステム無しで驚きの音響体験を実現しました。

 

A9Fシリーズのもう一つな点

  • スタンドデザインに癖がある為、テレビ台に設置した場合やや上方向に画面が向いてしまう

A9Fシリーズはスタンドが本体背面に設置されており、立てかけるように配置されています。
この場合テレビ台に設置した場合、テレビの画面がやや上方向を向いてしまいます。
テレビ台とほぼ同じ高さでテレビを見ることが多い場合は、常にやや上方向に向いた画面で視聴しなければならず、視野角が良い有機ELテレビといえども少し懸念点が残ります。

 

A9Fシリーズは買いなのか?

SONYが新カテゴリー「Master series」として投入してきたA9Fシリーズは、先代の映像処理エンジン「X1 Extream」から正統進化を遂げた「X1 Ultimate」を搭載し、今までのラインナップとは一線を隔した商品であると感じます。
基本スペック自体は先代のA1シリーズ、A8Fシリーズとはほとんど変わりはありませんが、画質面での大幅なアップデートが行われています。
コントラスト比を劇的に上げる「コントラストブースター」や「HDRリマスター」による映像処理は、Master seriesの名に相応しい臨場感のある映像を実現してくれます。

 

こんな方にオススメ

A9Fシリーズは、数年前の液晶テレビからの買い替えであれば劇的に画質の進化を味わうことが可能ですから、買い替えは是非お勧めします。
SONYのテレビは主要なVODサービスに対応していますので、4Kコンテンツを多く楽しむ方や、ビデオカメラや写真などで4K解像度をフルに発揮する使用方法を想定している方も購入しても良いかもしれません。

こんな方はもう少し待った方が良い

今現在有機ELテレビを使用している方や、ハイエンド液晶テレビを使用している方の場合、A9Fシリーズの画質は確かに向上しており、現在発売されているモデルよりも高画質であることは確かです。
しかし4Kチューナーが搭載されておりませんので、4K本放送を視聴する際に別途で4Kチューナーを用意しなければならず、投資がかさむ為、購入はお勧めしません。
現在ちらほらと4K BS/CSチューナーを搭載してきているモデルが発表・発売されていますので、SONYから4Kチューナーが搭載された製品が発売されるのも時間の問題かと思われます。
総務省も2020年に向けて4K/8K放送を開始するロードマップを発表しておりますので、数年待ってから4Kチューナー搭載製品を購入するのが良いかもしれません。