Hisense 65U7Fってどうなの?

2020-08-02Hisense(ハイセンス)-液晶テレビ3チューナー,4K 1チューナー,65インチ


評価:5

このページでは、Hisenseの4K液晶テレビ【U7Fシリーズ】である【65U7F】のポイントを紹介します。
テレビCMでも積極的にアピールされているモデルでHisenseのミドルクラス液晶となります。
大画面に分類されますが、比較的低価格です。

65インチの他55インチ/50インチ/43インチが用意されています。



基本仕様

発売時期2020年5月
パネルVA
バックライト直下型LEDバックライト
解像度4K(3840×2160)
対応HDRHDR 10 / HLG
8Kチューナー-
4K BS/CSチューナー1
地上デジタルチューナー3
BS/CS デジタルチューナー3
外付けHDD録画
裏録画
倍速駆動-
SeeQVault
ARC
LAN有線/無線
定格消費電力190W
画質★★
音質★★★
便利機能充実度★★★
コストパフォーマンス★★★★
ファミリーユース(家族向け) おすすめ度★★★
シングルユース(一人暮らし) おすすめ度★★

さらに詳しい仕様についてはメーカーホームページを確認してください。

65U7FのGoodな点

  • 4Kチューナー1系統搭載
    65U7Fには、4K BS/CSチューナーが1系統搭載されています。
    4Kの綺麗な映像をフルスペックで視聴することが出来ます。
    また、制約はありますが録画することも可能です。
    4K放送を見る際に注意したい点
  • 標準で3年保証
    Hisenseの製品には通常1年メーカー保証が多いこの業界で、メーカー3年保証が標準でついています。
    最近では延長保証に加入するのに別途お金が必要な事がある中で標準3年保証は嬉しいところです。
  • VOD対応状況がとても良い
    65U7FのVOD対応状況は、業界の中でもトップクラスの対応状況です。
    主要なサービスにはほとんど対応していることに加え、4Kコンテンツにも対応しており、VODでも高画質を堪能することが出来ます。

65U7Fの「もう一つ」な点

  • 4Kチューナーは1系統
    65U7Fに搭載されている4Kチューナーは1系統となります。
    見ている番組以外で裏で録画等が出来ませんので、注意が必要です。
  • 倍速及びローカルディミング非搭載
    65U7FにはU8Fとの異なる点として「倍速駆動パネル非搭載」「ローカルディミング非搭載」が挙げられます。
    よってスポーツなどの動きの速い映像、よりコントラストを求める場合は注意が必要です。


65U7F総評

【録画・チューナー関連】

65U7Fには、4K1系統、地デジ3系統、BS/CS 3系統のチューナーが搭載されています。
ベストな構成ではありませんが、ベターな構成ではあります。
特にヘビーな使い方をしなければ必要十分ではないでしょうか。
4Kが1系統しかありませんので、仮に4K番組を視聴中に裏で4K放送を録画することが出来ません。

【画質】

 Hisenseは最近東芝の映像部門と技術提携したこともあり、東芝の技術が多く採用されています。
搭載される映像処理エンジン「NEOエンジン」はREGZAで培ったノウハウがつぎ込まれており、一昔前の「海外メーカー=画質が悪い」の常識を覆すきっかけにもなりました。
65U7Fに搭載されている新開発「NEOエンジン plus 2020」にはAIを活かした超解像技術やフレーム補間などで力を発揮します。
 うまい具合に調整されたノイズリダクションなどの高画質技術が鮮明な映像美を実現し、ローカルディミングによる適切なバックライト制御で液晶ではありますが、黒を際立たせた映像が楽しめます。

【サウンド】

 フラッグシップモデルと言いながら、サウンド面に関しては他のモデルと五十歩百歩と言ったところです。
そもそも薄型テレビは構造上ハイエンドなサウンドの搭載は難しい為、致し方ないでしょう。
特段悪いというわけではなく至って普通です。
よりより臨場感のあるサウンドが欲しい方は外付けサウンドバーを購入してください。
おすすめサウンドバーランキング【音にこだわれ】

【デザイン】

65U7Fは「ベゼルレスデザイン」「ユニボディデザイン」「フレームデザイン」が採用され、モダンなデザインとなっています。

【その他】

VODサービスの対応状況は非常に優秀ですね。
大手のVODサービスはもちろんの事、国内のサービス対応状況も非常によく、大手のVODサービスはほぼ対応しています。
これからVODサービスを利用しようと考えている方、多数のVODサービスを利用している方も満足できるでしょう。

【価格】

価格は執筆時点の価格com最安値で100,000円となっています。
65インチでVODが充実しており、1系統ではありますが4Kチューナー搭載などなどを鑑みると頑張っていると感じます。
メーカー3年保証も標準でついてくることを考えるとコスパは良いですね。

ひとこと

 東芝映像ソリューションとタッグを組んでからは、以前のHisenseとは別の会社になったかのような高画質なモデルを発表しています。
本モデルも映像処理エンジンのアップデートやデザインの変更が加えられ、より魅力的なものになっています。

65U7Fは買いなのか?

こんな方にオススメ

  • 4K番組を見たい
  • VODサービスを利用する
  • 安くても良い画質
  • 長期保証はマスト

こんな方はちょっと待った

  • 国内メーカーの信頼感が高い
  • 4K番組を裏で録画したい
  • 動きの速い映像を見る

65U7Fの評価(MAX★5)

VOD対応状況
AbemaTV
Amazonプライムビデオ
DAZN※初回31日間無料
DMM.com※初回2週間無料
dTV※初回31日間無料
GYAO
Hulu※初回2週間無料
NETFLIX
TSUTAYA TV※初回30日間無料
U-NEXT※初回30日間無料
Paravi
Youtube
アクトビラ
アクトビラ 4K
ひかりTV
ひかりTV 4K

U8Fシリーズ別サイズ

43インチ

50インチ

55インチ

【VOD利用者必見】オススメ光回線ランキング

VODを快適に利用するには光回線が推奨されます。 光回線はキャッシュバックも充実しており、新規はもちろんのこと、乗り換えで違約金等を差し引いても実質プラスになる会社がほとんどです。
中には10万円以上のキャッシュバックも受けられます!!
【10万円キャッシュバックも!?】オススメ光サービスランキングはコチラ

賃貸でもテレビを壁掛けに!?

賃貸住宅でも「とある金具」を使用することで、現状復旧可能な状態でテレビを壁掛け設置することが出来ます!!
【賃貸でもOK】テレビを壁掛けにする方法はコチラ