Hinsense A6Hシリーズは買いか?(43A6H/50A6H/55A6H/65A6H/75A6H)


Hisense(ハイセンス)-液晶テレビ3チューナー,43インチ,4K,4K 2チューナー,50インチ,55インチ,65インチ,75インチ,液晶

 Hisenseの4Kベースグレードモデル【A6Hシリーズ】のポイントを紹介していきます。
4Kラインナップの中でベースグレードになりますから、最低限の機能が搭載されたモデルとなります。
高機能は必要ないというニーズに向けた一台となります。

画面サイズは、43/50/55/65/75インチがラインナップされています。



基本仕様

発売時期2022年7月
パネル43,55,65,75インチ:ADS
50インチ:VA
バックライト直下型
解像度4K(3840×2160)
対応HDRHDR10 & HLG
8Kチューナー-
4K BS/CSチューナー1
地上デジタルチューナー2
BS/CS デジタルチューナー2
外付けHDD録画
裏録画
倍速駆動-
SeeQVault-
ARC
LAN有線/Wi-Fi
定格消費電力43インチ:120W
50インチ:130W
55インチ:140W
65インチ:190W
75インチ:236W
VOD対応状況
AbemaTV
Amazonプライムビデオ
DAZN※初回31日間無料-
DMM.com※初回2週間無料
dTV※初回31日間無料
GYAO-
Hulu※初回2週間無料
NETFLIX
TSUTAYA TV※初回30日間無料-
U-NEXT※初回30日間無料
スカパーオンデマンド-
Youtube
アクトビラ-
Paravi
ひかりTV-
TVer-

※最新の情報については、メーカーホームページをご確認ください

A6Hシリーズ各ポイント評価

【録画・チューナー関連】

 A6Hシリーズは、4K1系統、地デジ2系統、BS/CS2系統が搭載されており、ネイティブで4K放送を視聴・録画することが可能です。
ただベースグレードということもあり、チューナ数は多くありません。
ここは割り切りが必要な部分かと思います。

A6Hには録画用HDDが内蔵されておりませんので、レコーダーなしで録画する場合は別途市販の外付けHDDを購入する必要があります。
最近では大容量モデルも安価になっておりますし、4K番組を録画するのであれば大容量モデルがおすすめです。
【2022最新】おすすめ外付けHDD 3選

【画質】

 A6Hはサイズによって採用されているパネルが変わってきます。
50インチモデルはVAが採用されており、それ以外にはADSパネルが採用されています。
ADSとVAを比べた時に、一長一短ありますが、総合的にはADSが優れており、できればADSを選びたいところです。
ですがVAにももちろんメリットがあり、ADSよりも優れたコントラスト比を稼ぐことができ、メリハリのある映像を演出することが可能なので、自分の好きな画によって決めると良いかもしれません。

 バックライトに直下型が採用されている点は評価できますが、ベースグレードちうこともあり、ノイズ処理パワーが弱く、そのほかの高画質化機能もかなり削減されています。
また、倍速駆動もなくHDRの対応状況もそこまで多くないので、あまり画質機能に期待はできないかもしれません。

【サウンド】

 サイズごとに搭載されているスピーカーシステムも異なり、それぞれの合計出力は43インチ:14W・50/55/65インチ:20W・75インチ:30Wとなっています。
 スピーカーの構成としてもフルレンジのみの構成ですから、普通に聞く分には問題ないですが、高音質を求めてはいけません。

もしさらに音響を強化したい場合は、別途外付けサウンドバーやシアターシステムを導入すると良いでしょう。【2021最新版】おすすめサウンドバー5選【音にこだわれ!!】

【デザイン】

よくある4辺ベゼルレスデザインが採用されており、スッキリとした印象となっています。
スタンドデザインは一般的なセパレートデザインが採用されており、特に高級感等はないデザインとなります。

結構ベゼルは細いほうだと思うので、できたらテレビ台への設置ではなくて、壁掛けにするほうが壁との一体感が高いと思います。



【その他】

 VOD対応状況は良好で海外サービスは困ることはないでしょう。
国内VODサービスについては対応していない会社もちらほらあるので、自分が使用するVODサービスに対応しているかをご確認ください。

【価格】

 価格は執筆時点の価格com最安値で43インチ:49,000円・50インチ:55,000円・55インチ:69,000円・65インチ:89,000円・75インチ:130,000円となっています。
やはりコスパのHisenseですから、価格の安さは国産同クラスのものと比べると際立って安いですね。

A6Hシリーズは買いか?

 Hisenseの液晶モデルの中でベースとなるグレードで、それなりの性能となったモデルとなっています。
一つ上のU7Hシリーズとの差が結構つけられた印象で、ノイズ処理などの高画質化機能も少しではなく一気にグレードダウンされています。
倍速やHDR機能も結構な差がつけられており、音響システムについてもグレードそれなりの装備となっています。

 最終的にA6Hシリーズが買いかどうかと言われれば、私は「買いではない」 と言えます。
ハイコスパで価格は確かに安いのですが、なかなかに機能のグレードダウンが大きいなと思います。
最低限テレビとしての機能が欲しいのであればもちろんありなのですが、一般的にオススメしたいモデルかと言われれば個人的にはそうではないですね。
ただやはり価格の優位性は高いので、寝室などの一台や一人暮らしでとりあえずテレビ置いておくかといった需要には良いかもしれません。

A6Hサイズラインナップ

43インチ

50インチ

55インチ

65インチ

75インチ

【VODにぴったりWi-FIルーター】

テレビでVODサービスを楽しむ際、回線速度は十分なはずなのにプチプチ止まることありませんか?
それもしかしたらWi-FIルーターが原因かもしれませんよ? ということで管理人的最強ハイコスパWi-FIルーター【TP-LINK Archer AX73】をお勧めします。
管理人が実際に使っているレビュー記事はコチラから

【VOD利用者必見】オススメ光回線ランキング

VODを快適に利用するには光回線が推奨されます。 光回線はキャッシュバックも充実しており、新規はもちろんのこと、乗り換えで違約金等を差し引いても実質プラスになる会社がほとんどです。
中には10万円以上のキャッシュバックも受けられます!!
【10万円キャッシュバックも!?】オススメ光サービスランキングはコチラ

賃貸でもテレビを壁掛けに!?

賃貸住宅でも「とある金具」を使用することで、現状復旧可能な状態でテレビを壁掛け設置することが出来ます!!
【賃貸でもOK】テレビを壁掛けにする方法はコチラ