MITSUBISHIから4Kチューナー2系統搭載のRA1000シリーズが発表

ニュース


先日東芝が日本初の4K放送を受信することができるチューナーを搭載したテレビを発表し、発売しました。
12月1日から開始されるBS及びCSの4K放送に対応したチューナーを1つ搭載し、話題を集めましたが、次は三菱から4K BS及びCSを受信できる4Kチューナーを搭載した新シリーズ「RA1000」シリーズが発表されました。
9月14日より予約が開始され、10月に発売が予定されています。
RA1000シリーズはそれぞれ40インチ(LCD-A40RA1000)・50インチ(LCD-A50RA1000)・58インチ(LCD-A58RA1000)の3サイズラインナップで発売が予定されています。



 

4K BS・CSチューナー2系統搭載

RA1000シリーズの注目すべき点は、4Kチューナーを2つ搭載した点です。
東芝がいち早く発表した4Kチューナー搭載テレビはチューナーが1つしか搭載されていませんでした。
よって4K放送を録画してしまうとそれだけでチューナーが占有されてしまうというデメリットが発生していましたが、RA1000シリーズは2つ搭載ということで、裏で4Kを録画することが可能になりました。

 

内蔵HDD容量が2倍の2TB

さらに、三菱といえばブルーレイレコーダー一体型テレビを得意としており、もちろん今回も例外ではありません。
現在までにMITSUBISHIが発売しているHDD内蔵TVの容量は1TBでしたが、RA1000シリーズでは容量を2倍に増やし、2TBに増量されています。
もちろん内蔵HDDだけではなく別売りの外付けHDDを接続すれば、そちらにも録画をすることが可能になり、録画バリエーションが広がっています。

2TBにHDDが増量したことにより、4K番組を126時間、フルハイビジョンを最大で2160時間録画可能になりました。

Ultra HD Blu-ray対応

RA1000の本体にはブルーレイディスクドライブも搭載されています。
搭載されているブルーレイドライブは最新規格のUltra HD Blu-rayに対応しており、対応ブルーレイディスクを挿入することでHDRなどのUltra HD Blu-ray規格の映像を楽しむことが出来ます。
もちろん4K画質で録画した番組も、市販のブルーレイディスクにダビングすることが出来ます。
※4K番組をダビングする際は2K画質へダウンコンバートしてのダビングになります。

 

DIATONEスピーカーも搭載で高音質

RA1000シリーズにはMITSUBISHI独自の高音質スピーカーである「DIATONE NCVスピーカー」を搭載します。
左右にツィーター2基とウーファーを2基の合計4スピーカーにより最大10W+10Wの20W出力を可能にしています。

DIATONEはカーナビにも搭載されており、高音質ナビとしても発売されており、実績は十分にあります。

その他の機能

オートターン

MITSUBISHIのREALシリーズで重宝されている機能といえば「オートターン機能」
「オートターン機能」はテレビの横方向の首振りを内蔵したモーターによって自動で行うことが出来る機能です。
操作はリモコンから行うことが可能で、テレビから離れた場所から首振りを行い、自分の見やすい角度へ調節することが可能です。

この機能は購入者から大変重宝されている機能で、これを目当てに購入するユーザーもいるほどだそうです。

 

Bluetooth搭載

RA1000シリーズにはBluetoothが搭載されています。
Bluetoothスピーカーを用意すれば、音声の出力をBluetoothスピーカーから行うことが出来きます。
また、スマートフォンなどを接続することで、RA1000シリーズのテレビをスピーカーとしても使用することが出来ます。

 

久しぶりの新商品

MITSUBISHIからの新商品はBHR10シリーズ以来となります。
BHR10シリーズが少し残念な新商品になった分、今回のRA1000シリーズはかなり期待できそうです。
4Kテレビ自体はLS3シリーズ以来の新商品ですから、どこまで他社と戦えるのかが気になるところではあります。

賃貸でもテレビを壁掛けに!?

賃貸住宅でも「とある金具」を使用することで、現状復旧可能な状態でテレビを壁掛け設置することが出来ます!!
【賃貸でもOK】テレビを壁掛けにする方法はコチラ

キャンペーン情報

今なら基本プランでテレビ&レコーダー3台までセットで初回1980円(税込み)!!
ココロ動くミライへ スカパー!




ニュース

Posted by Writer