BRAVIA KJ-55A8G【ポイント紹介】

SONY-有機EL55インチ


このページでは、SONYの4K有機ELテレビ「KJ-55A8G」のポイントを紹介していきます。
先代のA8Fシリーズのマイナーアップデートモデルという位置づけで、SONYの有機ELラインナップ中ではスタンダードモデルになります。

55インチモデルの他に65インチがラインナップされています。



基本仕様

基本仕様 KJ-55A8G
パネル 有機EL
バックライト
解像度 4K(3840×2160)
HDR(ハイダイナミックレンジ) ○(HDR10/HLG/Dolby Vision)
8Kチューナー
4Kチューナー
地上デジタルデジチューナー 2
BS/CSデジタルチューナー 2
外付けHDD録画
複数同時録画
倍速駆動
SeeQVault
ARC
インターネット 有線/無線
定格消費電力 368W
VOD対応状況
AbemaTV
Amazonプライムビデオ
DAZN
DMM.com
dTV
GYAO
Hulu
NETFLIX
TSUTAYA TV
U-NEXT
YouTube
アクトビラ
アクトビラ 4K
スカパー(オンデマンド)
ニコニコ動画
ひかりTV
ひかりTV 4K

さらに詳しい仕様についてはメーカーホームページを確認してください。



KJ-55A8GのGoodな点

  • 上位映像処理エンジン「X1 Extream」搭載
    SONYが誇る映像処理エンジンの中でも上位モデルの「X1 Extream」が搭載されています。
    従来の映像処理エンジン「X1」から性能が40%も向上しています。
    同エンジンは、「デュアルデータベース解析」「Super Bit Mapping 4K HDR」「HDRリマスター」を始めとする高画質機能が多数備わっており、有機ELパネルとの相乗効果で美しい映像を映し出します。

KJ-55A8Gの「もう一つ」な点

  • 先代A8Fからの進歩がほぼない
    今回紹介しているA8Gシリーズの先代にあたるモデルは「A8Fシリーズ」です。
    その「A8Fシリーズ」からそこまで進歩が見受けられません。
    映像処理エンジンも同じものが搭載され、先代モデルと異なる点を探す方が難しいぐらいです。


KJ-55A8Gは買いなのか?

こんな方にオススメ

  • 大画面テレビが欲しい
  • コントラストの効いた映像が好み
  • 極めて鮮やかな映像が好み
  • 動きの早い映像をよく見る
  • 液晶からの買い替え

こんな方はちょっと待った

  • 見たい番組が頻繁に重なる
  • 彩度の高い映像は苦手
  • 価格が高い
  • 既に有機ELを持っている

KJ-55A8G総評

一応SONYのフラッグシップシリーズ「MASTER Series」にラインナップされている本モデルですが、先代モデルと比べるとどうしても物足りなさを感じます。
4Kチューナーが搭載されたわけでもなく、そこまで大きな改良があったようにも見えません。

一方で、映像自体はやはり有機ELということもあり、液晶とは比べ物にならないぐらいの美しいポテンシャルを持っています。
同じタイミングで発表された「A9Fシリーズ」の新モデル「A9Gシリーズ」では4K BS/CSチューナーが2系統搭載されるなど、買い換える理由がありました。
今回の「A8Gシリーズ」は、有機ELからの買い替えであれば感動は薄いものになる可能性が非常に高いです。
ですが液晶テレビからの買い替えであれば大きく映像の違いに感動できるため、液晶テレビを現在お持ちの場合は要チェックです。

同シリーズ他サイズ

65インチ

【VOD利用者必見】オススメ光回線ランキング

VODを快適に利用するには光回線が推奨されます。 光回線はキャッシュバックも充実しており、新規はもちろんのこと、乗り換えで違約金等を差し引いても実質プラスになる会社がほとんどです。
中には10万円以上のキャッシュバックも受けられます!!
【10万円キャッシュバックも!?】オススメ光サービスランキングはコチラ

賃貸でもテレビを壁掛けに!?

賃貸住宅でも「とある金具」を使用することで、現状復旧可能な状態でテレビを壁掛け設置することが出来ます!!
【賃貸でもOK】テレビを壁掛けにする方法はコチラ

キャンペーン情報

今なら基本プランでテレビ&レコーダー3台までセットで初回1980円(税込み)!!
ココロ動くミライへ スカパー!