お知らせ

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
現在当ブログは記事の追加途中です。
コンテンツ数的にはまだ少ない状況ですが、随時記事を追加していきますので、よろしくお願いします。

BRAVIA A8Fシリーズ(KJ-55A8F/KJ-65A8F)ポイント紹介

このページではSONYのフラッグシップ有機ELモデルであるA1シリーズの後継モデルであるA8Fシリーズのポイントを紹介していきます。
先代のA1シリーズで採用された「画面から音が出る」機能は踏襲し、さらに画質面の機能向上を加えたモデルになります。

画面サイズは55インチ/65インチの2サイズラインナップです。

基本仕様

基本仕様 A8Fシリーズ A1シリーズ(先代)
パネル 有機EL 有機EL
解像度 4K(3840×2160) 4K(3840×2160)
HDR(ハイダイナミックレンジ) 対応(HDMI入力対応) 対応(HDMI入力対応)
地デジチューナー 2 2
BS・CSデジタルチューナー 2 2
外付けHDD録画
複数同時録画
倍速液晶(倍速機能) 倍速駆動 倍速駆動
SeeQVault
ARC
インターネット 有線/無線 有線/無線
定格消費電力 384~493W 370~757W
VOD対応状況
Netflix
Amazonビデオ
ひかりTV
アクトビラ
Hulu
DAZN
TSUTAYA TV
dTV
ひかりTV4K
アクトビラ4K
YouTube

基本仕様コメント

基本仕様だけに注目してみると、先代のA1シリーズと今回のA8Fシリーズの異なる点はほぼありません。
SONY自体もA1シリーズとA8Fシリーズは併売状態となっており、フルモデルチェンジというよりはマイナーチェンジという位置づけになるのかもしれません。
よって今回は映像機能のアップデートと考えたほうが良いでしょう。

相変わらずSONYのテレビは3チューナーモデルが登場しませんので外付けHDD録画に関しては1番組のみとなります。
よって裏番組を複数録画したい場合は、別途レコーダーを購入するしかなさそうです。

しかし現在サービスされている主要なVODサービスには対応していますので、動画ライフが捗りそうです。

消費電力に関してはさほど変わりはなく、有機ELパネルの為高くなっている点は注意してください。

注目機能

独自開発画像処理エンジン「X1 Extream」

テレビの最も大事な部分である画像処理エンジンにはSONY独自開発の「X1 Extream」と呼ばれるエンジンが搭載されています。
SONYの画像処理エンジンにはX1とX1 Streamがありますが、X1 Extreamは上位モデルには搭載されるエンジンです。

「X1」「X1 Extream」について詳しく見る

HDRリマスター

有機ELの最大のメリットであるドット単位での輝度調整が実現する高コントラスト映像は、その場にあるかのようなリアリティの映像を実現します。
またHDRリマスターでは、映像中の被写体、例えばラベンダーの花であれば花の部分を切り出しその部分だけに適したHDR処理を行うオブジェクト型処理を行うため、被写体一つ一つが際立った映像になります。

HDRリマスターについて詳しく見る

トリルミナスディスプレイ

表現可能色域を格段に広くすることを可能にしたトリルミナスディスプレイ。
同社のスマートフォンであるXperiaシリーズにも搭載されている技術です。

トリルミナスディスプレイについて詳しく見る

A8FシリーズのGoodな点

  • 先代A1シリーズからのマイナーチェンジによる4K HDR高精細映像

先代のA1シリーズでも出た当初は映像の美しさにかなり感動した覚えがありますが、新しいA8Fシリーズではさらに映像に磨きがかかっています。
最近ではUltra HD Blu-rayレコーダも多く登場しており、ますます高解像度コンテンツが増加している中で別次元の映像体験を提供してくれるでしょう。

  • 先代のスタンドが改良された

先代のA1シリーズのスタンドは、基本的にテレビを「A」の形に設置する為、背面に画面を支えるように設置するデザインでした。
これではテレビ台に置く場合、必ず画面がやや上を向いてしまうため、視聴ポイントによっては見辛いケースが生じていました。
しかし今回のA8Fシリーズでは、建て替えるスタンドからデザイン変更され、よくある底面に大き目なスタンドを設置するデザインに変更されました。
これによりテレビ台に設置した場合でも画面が正面を向くことが出来るようになりました。

  • Acoustic Surfaceによる広がりと臨場感のある音

A1シリーズの最も注目な点である「Acoustic Surface」ある一部分にスピーカーを設置する従来のテレビとは違い、やはり画面全体から音を出す構造は聴く人が高い臨場感を体験することが出来ます。

 

A8Fシリーズの「もう一つ」な点

  • 相変わらず消費電力が高い

半ば有機ELの宿命というべきデメリットです。有機ELは素子一つ一つが発光する為パネル全体を照らす直下型LED爆雷とシステムに比べて消費電力が高くなります。
長時間電源をONにしておくことが多いテレビですから消費電力が高いのは気になるところです。

  • W録画できない

本機は先代のA1シリーズと同様に地デジ及びBS・CSチューナが兼用2つしか搭載されていません。
この内の1つは視聴専用に使用されますので実質外付けHDDを接続して録画することが出来るのは同時に1番組までとなります。
そもそもSONYはテレビでレコーダの役割を代替させるということを念頭に考えていない可能性もあります。

 

総評

マイナーアップデートとなったA8Fシリーズでですが、HDRに磨きをかけた独自映像処理エンジンX1 Extreamなど画質面で着実に進化しています。
実際に家電量販店等に足を運んでいただきデモ映像を見ていただくとさらに映像の美しさがお分かりいただけると思います。

ただ一方で画質に注力している関係で消費電力が高いという問題とチューナーが2つしか搭載されていないという点は要注意です。