SONY BDZ-FBT4000ってどうなの?

SONY3チューナー,4K 2チューナー,4TB


評価:7.5

このページでは、SONYから発売されているフラッグシップブルーレイレコーダー【BDZ-FBT4000】のポイントを紹介します。
BDZ-FBT4000】は、4K BS/CSを2系統、通常3系統のチューナーを搭載したモデルで、同社初の4K長時間録画対応モデルです。



BDZ-FBT4000基本仕様

発売時期2019年11月
内蔵HDD容量4TB(4000GB)
4K BS/CSチューナー2
地デジチューナー3 (BS/CSと共用)
BS/CSデジタルチューナー3 (地デジと共用)
4K出力
HDR出力
長時間録画モード最大16倍(4K最大11倍)
複数同時録画○(3番組・4Kは2番組)
タイムシフト録画
外付けHDD録画
SeeQVault○(4Kは録画不可)
対応メディア(再生)BD-R/R DL/R XL/RE/RE DL/RE XL
DVD±R/±R DL/±RW/-RAM
CD-R/RW/DTS-CD
対応メディア(録画) BD-R/R DL/R XL/RE/RE DL/RE XL
DVD-R/-RW
CDは非対応
ULTRA HD Blu-ray
3D対応
対応リンク機能ブラビアリンク
リモート予約
番組持ち出し
インターネット○(無線/有線)
消費電力最大33W

VOD対応状況
AbemaTV
Amazonプライムビデオ
DAZN ※初回31日間無料
DMM.com ※初回2週間無料
dTV ※初回31日間無料
GYAO
Hulu ※初回2週間無料
NETFLIX
TSUTAYA TV ※初回30日間無料
U-NEXT ※初回30日間無料
YouTube
アクトビラ
アクトビラ 4K
スカパー!(オンデマンド)
ひかりTV
ひかりTV 4K

VOD対応状況は2020/2/11時点の情報です。
最新情報はメーカーホームページを確認してください。

BDZ-FBT4000のGoodな点

  • 4K長時間録画対応
    BDZ-FBT4000は、4K番組の長時間録画に対応しました。
    他社を含め、従来のモデルでは4K番組はDRモード(そのままの画質)でしか録画することが出来ませんでした。
    しかし4K長時間録画モードに対応したことで、最大11倍2880時間もの長時間録画を実現しました。
    長時間録画は、どうしても画質が悪くなりがちですが、「インテリジェントエンコーダー」により画質の劣化を極力防いでいます。
  • 1ケ月前からドラマ・アニメを予約「先録」
    電子番組表を使用しての録画は8日前からしかできません。
    しかし、「先録」を使用すれば1ケ月前から予約を入れておくことが可能です。
    新作が告知された段階で予約できますから、録り逃がす心配もなくなります。
  • 番組表の繊維が従来比2倍
    BDZ-FBT4000に搭載されている電子番組表(EPG)には、改良されたEPGが採用されており、2018年モデルと比較して約2倍以上のスクロール速度を実現しました。
    番組表はユーザビリティに直接影響を与える機能ですから、ここの向上には注目です。

BDZ-FBT4000の「もう一つ」な点

  • VODは非対応
    フラッグシップレコーダーではありますが、VODサービスには対応していません。
    テレビ側にVODサービスが対応しておらず、レコーダーで楽しもうと思っている場合は注意が必要です。レコーダーでもVODサービスを利用したい場合はPanasonicのおうちクラウドディーガシリーズを検討してください。
  • SeeQVault対応SDカードは使用不可
    BDZ-FBT4000には、外付けHDDが特定の機器に縛られない「SeeQVault」に対応しています。
    SeeQVault対応機器には外付けHDDはもちろんの事、SDカード等にも設定されています。
    しかし、BDZ-FBT4000はSDカード自体使用できるのですが、SeeQVault対応機器として録画することはできません。


BDZ-FBT4000総評

SONY初の4K長時間録画対応モデルとして登場してきましたが、4TBという内蔵容量もあり最大2880時間もの4K番組を録画できるインパクトはデカいです。
また、SONY独自の「インテリジェントエンコーダー」と共に精度の上がったダイナミックVBRの働きにより、できるだけ画質は維持したままデータ量を抑えてくれています。

※VBR(バリアブルビットレート)とは、画像の内容に応じて必要なデータ量を最適化することで、従来のCBRよりも省データを実現しつつ、画質の劣化を最小限に抑える機能です。

 SONY注目機能として、先録ももちろん搭載されております。
先録はインターネットに接続することで、新作ドラマやアニメを1ケ月前から予約することが可能です。
新番組の告知はだいぶ前から発表されることが多いので、情報を得た時点であらかじめ予約を入れておくことで、録り逃がしも防ぐことが出来ます。
搭載されているチューナー数も豊富ですから、ガツガツ予約することが可能です。

 トレンドであるスマホ番組持ち出しや、リモート予約などももちろん搭載されており、足回りの機能も充実しています。

 以外に注目なのが、2018年モデルと比較して約2倍以上のスクロール速度を実現した電子番組表(EPG)です。レコーダーでの録画予約の入り口は、基本的には電子番組表(EPG)です。ある程度レコーダーの操作や録画する番組が決まってくると、ターゲットとなる番組に向けてカーソルを動かすわけですが、この動きが遅いとじわじわとストレスとなります。
番組表の移動が高速化されるとスムーズに録画予約も行えますから、この向上はポイント高いですね。

一方で気を付けたいのは、SeeQVault対応のHDDには4K番組を録画できないということです。
恐らく著作権保護の関係とは思います。
SeeQVault対応外付けHDDに4K番組を録画して、別のレコーダーやテレビで再生することを予定していた方は注意してください。

価格は執筆時点で100,000円前後と、大容量ということもありレコーダーとしては高めの設定となっています。
とはいえ外付けHDDへの録画等は少なからず制約が発生しますから、内蔵HDDが大容量であることにこしたことはありません。予算に余裕がある場合は検討しても良いでしょう。

BDZ-FBT4000は買いなのか?

こんな方にオススメ

  • Ultra HD Blu-rayを楽しむ
  • 電子番組表を多用する
  • ファミリーで使用
  • ドラマやアニメを主に録画する

こんな方はちょっと待った

  • VODを楽しみたい
  • 初期投資を抑えたい
  • シングルユース

BDZ-FBT4000の評価(MAX★5)

録画機能★★★★★
主要機能対応状況★★★★
便利機能充実度★★★
コストパフォーマンス★★★
ファミリーユース(家族向け)  オススメ度★★★★
シングルユース(一人暮らし向け)  オススメ度★★

【VOD利用者必見】オススメ光回線ランキング

VODを快適に利用するには光回線が推奨されます。 光回線はキャッシュバックも充実しており、新規はもちろんのこと、乗り換えで違約金等を差し引いても実質プラスになる会社がほとんどです。
中には10万円以上のキャッシュバックも受けられます!!
【10万円キャッシュバックも!?】オススメ光サービスランキングはコチラ

賃貸でもテレビを壁掛けに!?

賃貸住宅でも「とある金具」を使用することで、現状復旧可能な状態でテレビを壁掛け設置することが出来ます!!
【賃貸でもOK】テレビを壁掛けにする方法はコチラ