SONY BDZ-ZW1700ってどうなの?

SONY1TB,2チューナー


評価:4

このページでは、SONYから発売されているスタンダードブルーレイレコーダー【BDZ-ZW1700】のポイントを紹介します。
BDZ-ZW1700】は、通常3系統のチューナーを搭載したモデルで、初めてのレコーダー導入でも安心な普及帯モデルです。



BDZ-ZW1700基本仕様

発売時期2019年10月
内蔵HDD容量1TB(1000GB)
4K BS/CSチューナー
地デジチューナー2 (BS/CSと共用)
BS/CSデジタルチューナー2 (地デジと共用)
4K出力
HDR出力
長時間録画モード最大16倍
複数同時録画○(2番組)
タイムシフト録画
外付けHDD録画
SeeQVault○(SDㇸの録画は不可)
対応メディア(再生)BD-R/R DL/R XL/RE/RE DL/RE XL
DVD±R/±R DL/±RW/-RAM
CD-R/RW/DTS-CD
対応メディア(録画) BD-R/R DL/R XL/RE/RE DL/RE XL
DVD-R/-RW
CDは非対応
ULTRA HD Blu-ray
3D対応
対応リンク機能ブラビアリンク
リモート予約
番組持ち出し
インターネット○(無線/有線)
消費電力最大26W

VOD対応状況
AbemaTV
Amazonプライムビデオ
DAZN ※初回31日間無料
DMM.com ※初回2週間無料
dTV ※初回31日間無料
GYAO
Hulu ※初回2週間無料
NETFLIX
TSUTAYA TV ※初回30日間無料
U-NEXT ※初回30日間無料
YouTube
アクトビラ
アクトビラ 4K
スカパー!(オンデマンド)
ひかりTV
ひかりTV 4K

VOD対応状況は2020/3/4時点の情報です。
最新情報はメーカーホームページを確認してください。

BDZ-ZW1700のGoodな点

  • 1ケ月前からドラマ・アニメを予約「先録」
    電子番組表を使用しての録画は8日前からしかできません。
    しかし、「先録」を使用すれば1ケ月前から予約を入れておくことが可能です。
    新作が告知された段階で予約できますから、録り逃がす心配もなくなります。
  • 最速0.5秒で起動する「瞬間起動」
    BDZ-ZW1700には、電源OFF状態からでも最速0.5秒で起動することが出来る【瞬間起動】が搭載されています。
    起動に時間がかかってしまうと地味にストレスが溜まったり、リアルタイムで見ている番組を録画する際も、【瞬間起動】であればすぐに録画を始めることが出来ます。

BDZ-ZW1700の「もう一つ」な点

  • VODは非対応
    フラッグシップレコーダーではありますが、VODサービスには対応していません。
    テレビ側にVODサービスが対応しておらず、レコーダーで楽しもうと思っている場合は注意が必要です。レコーダーでもVODサービスを利用したい場合はPanasonicのおうちクラウドディーガシリーズを検討してください。
  • SeeQVault対応SDカードは使用不可
    BDZ-ZW1700には、外付けHDDが特定の機器に縛られない「SeeQVault」に対応しています。
    SeeQVault対応機器には外付けHDDはもちろんの事、SDカード等にも設定されています。
    しかし、BDZ-ZW1700はSDカード自体使用できるのですが、SeeQVault対応機器として録画することはできません。


BDZ-ZW1700総評

スタンダードな3チューナーモデルらしい作りとというところでしょうか。
その中でもSONY注目機能として、先録ももちろん搭載されております。
先録はインターネットに接続することで、新作ドラマやアニメを1ケ月前から予約することが可能です。
新番組の告知はだいぶ前から発表されることが多いので、情報を得た時点であらかじめ予約を入れておくことで、録り逃がしも防ぐことが出来ます。

長時間録画モードでは、インテリジェントエンコーダーが画質の劣化を最小限に抑えつつ、容量を節約してくれるため、内蔵容量が少ないモデルとしては非常に助かる機能です。

 トレンドであるスマホ番組持ち出しや、リモート予約などももちろん搭載されており、足回りの機能も充実しています。
さらに、電源OFFから最速0.5秒で起動することが出来る【瞬間起動】は、地味にうれしい機能ですね。
最近のレコーダーは、内蔵HDDの起動やシステムの起動に時間がかかることがあり、ストレスが溜まるモデルもあります。さらに、リアルタイムで見ている番組を録画したい時に、なかなか起動しないと録画を開始できませんので、瞬間で起動する点は非常に助かります。

価格は執筆時点で40,000円前後と、スタンダードで1TB容量のレコーダーであれば、妥当な価格帯でしょう。
容量は少なめ設定であるため、バリバリ録画する場合は外付けHDDを用意してください。

BDZ-ZW1700は買いなのか?

こんな方にオススメ

  • 録画予定が一度に3番組以上重なることが多い
  • 電源ボタンを押してすぐに操作したい
  • ドラマ、アニメをよく録画する

こんな方はちょっと待った

  • VODを楽しみたい
  • 番組を溜めがち

BDZ-ZW1700の評価(MAX★5)

録画機能★★
主要機能対応状況★★
便利機能充実度★★
コストパフォーマンス★★
ファミリーユース(家族向け)  オススメ度★★★
シングルユース(一人暮らし向け)  オススメ度★★

【VOD利用者必見】オススメ光回線ランキング

VODを快適に利用するには光回線が推奨されます。 光回線はキャッシュバックも充実しており、新規はもちろんのこと、乗り換えで違約金等を差し引いても実質プラスになる会社がほとんどです。
中には10万円以上のキャッシュバックも受けられます!!
【10万円キャッシュバックも!?】オススメ光サービスランキングはコチラ

賃貸でもテレビを壁掛けに!?

賃貸住宅でも「とある金具」を使用することで、現状復旧可能な状態でテレビを壁掛け設置することが出来ます!!
【賃貸でもOK】テレビを壁掛けにする方法はコチラ

キャンペーン情報

今なら基本プランでテレビ&レコーダー3台までセットで初回1980円(税込み)!!
ココロ動くミライへ スカパー!