REGZA 50M530X【ポイント紹介】

2019-04-27TOSHIBA-液晶テレビ50インチ


このページでは、TOSHIBAの4K液晶テレビ「50M530X」のポイントを紹介していきます。
東芝のコストパフォーマンス「M500X」シリーズの4代目モデルになります。
4Kダブルチューナーを搭載し、新しい映像処理エンジン「レグザエンジン Evolution-s」が採用されたハイコストパフォーマンスモデルです。

50インチモデルの他に43インチ・55インチ・65インチがラインナップされています。

50M530X 東芝 50V型地上・BS・110度CSデジタル4Kチューナー内蔵 LED液晶テレビ



基本仕様

基本仕様 50M530X
パネル VA
バックライト エッジ型LEDバックライト
解像度 4K(3840×2160)
HDR(ハイダイナミックレンジ) ○(HLG・HDR10)
8Kチューナー
4Kチューナー 2(BS/CSのみ)
地上デジタルデジチューナー 3
BS/CSデジタルチューナー 3
外付けHDD録画
複数同時録画 ○(4Kは1番組)
倍速駆動
SeeQVault
ARC
インターネット 有線/無線
定格消費電力 126W
VOD対応状況
AbemaTV
Amazonプライムビデオ
DAZN
DMM.com
dTV
GYAO
Hulu
NETFLIX
TSUTAYA TV
U-NEXT
YouTube
アクトビラ
アクトビラ 4K
スカパー(オンデマンド)
ニコニコ動画
ひかりTV
ひかりTV 4K

さらに詳しい仕様についてはメーカーホームページを確認してください。



50M530XのGoodな点

  • 4K BS/CSチューナーを2系統搭載
    先代モデルのM520Xシリーズでは、4K BS/CSチューナーは1系統しか搭載していませんでしたが、M530Xでは2系統搭載されました。
    よって裏で4K番組を録画することが可能になり、より4K番組を楽しむことが出来ます。
    4K番組の視聴を考えている方はこちらもご覧ください→4K放送を受信するために準備する点
  • 最新レグザエンジン「Evolution-s」搭載
    50M530Xには最新の映像処理エンジン「レグザエンジン Evolution-s」が搭載されました。
    より4Kとの親和性を高め、細かいディティールもしっかり表現可能になっています。
  • よりパワフルで高音質な「レグザパワーオーディオ」装備
    新開発のバスレフ型フルレンジスピーカーを搭載しました。
    また「VIRイコライザー」など高音質化技術との相乗効果で、外付けスピーカーとはいかないものの、ある程度の音質は確保しています。
  • 専用ゲームモード搭載
    55M530Xにはゲームをする際に威力を発揮する専用モード「4K瞬速ゲームダイレクト」があります。
    液晶パネルは、その原理から遅延量が多く、コントローラーからの入力から画面が動くまで少しの時間差があります。
    格闘ゲームなどタイミングがシビアな状況では非常にプレイし辛い点という点があります。
    しかし「4K瞬速ゲームダイレクト」では最速0.83msecの低遅延を実現しており、ゲームに最適です。

50M530Xの「もう一つ」な点

  • 倍速パネルではない
    43M530Xには倍速パネルが搭載されていません。
    一応倍速相当機能として「4Kダイレクトモーション120」が搭載されていますが、やはり動きの速い映像ではそこまで機能が効いているように見えません。
    スポーツ等動きの速い番組を見る方は、純粋な倍速パネルを搭載したモデルを検討したほうが良さそうです。
  • リモコンにVODボタンが増えた
    少し前からメインメニューを経由せず、チャンネルを選局するように直接VODサービスを選択することが出来るボタンがリモコンに標準搭載されるようになりました。
    以前はNETFLIXだけでしたが、今回の43M530Xのリモコンでは「Abema」「NETFLIX」「Hulu」「U-NEXT」「Youtube」「dTV」ボタンが配置されています。
    この中でよく使用するVODサービスがあれば便利ですが、一般的な観点からは邪魔でしかありません。
    VODサービスボタンは、間違って押してしまうとサービスが起動するまでの間は操作が出来なくなります。

50M530Xは買いなのか?

こんな方にオススメ

  • 初4Kテレビ
  • 4K番組を裏で録画したい
  • 中間クラスで十分
  • 大画面TVが欲しい
  • テレビでゲームをする

こんな方はちょっと待った

  • 動きの速い番組(スポーツetc)をよく見る
  • コントラストが効いたクッキリ映像が好み

50M530X総評

東芝のM500Xシリーズは、代々ハイコストパフォーマンスとモデルとしてラインナップされてきましたが、今回もそれを受け継いだモデルとなりそうです。
M520Xから変更されたスタイリッシュなスタンドデザインは踏襲され、加えて4Kチューナー2系統搭載、新レグザエンジン Evolution-sなど注目機能が盛りだくさんです。
液晶テレビにしては他社のモデルよりも黒背景時に白くなりにくいなど画質には定評があります。

また50インチということで、4Kの精細感を感じることが出来るサイズなので、4KのHDRが効いた映像を見るといい意味で驚くかもしれません。
シリーズ的にハイエンドモデルとまではいきませんが、ある程度は満足できる一台になっているのではないでしょうか。
これから4Kテレビが欲しい方にとっては、エントリーとして相応しい一台です。

50M530X 東芝 50V型地上・BS・110度CSデジタル4Kチューナー内蔵 LED液晶テレビ

M530Xシリーズ他サイズ

43インチ

55インチ

65インチ

【VOD利用者必見】オススメ光回線ランキング

VODを快適に利用するには光回線が推奨されます。 光回線はキャッシュバックも充実しており、新規はもちろんのこと、乗り換えで違約金等を差し引いても実質プラスになる会社がほとんどです。
中には10万円以上のキャッシュバックも受けられます!!
【10万円キャッシュバックも!?】オススメ光サービスランキングはコチラ

賃貸でもテレビを壁掛けに!?

賃貸住宅でも「とある金具」を使用することで、現状復旧可能な状態でテレビを壁掛け設置することが出来ます!!
【賃貸でもOK】テレビを壁掛けにする方法はコチラ

キャンペーン情報

今なら基本プランでテレビ&レコーダー3台までセットで初回1980円(税込み)!!
ココロ動くミライへ スカパー!