REGZA M520X(43M520X/50M520X/55M520X/65M520X)ポイント紹介

このページではTOSHIBA(東芝)の液晶パネルモデルであるM520Xシリーズのポイントを紹介していきます。
M520Xシリーズは先代のM510Xのニューモデルで日本初の4K放送を受信することが出来る4Kチューナーを搭載したモデルになります。
画面サイズは43インチ・50インチ・55インチ・60インチラインナップです。

それでは基本スペックから見ていきましょう。

基本仕様

基本仕様 M520Xシリーズ(新シリーズ) M510Xシリーズ(先代シリーズ)
パネル VA VA
バックライト エッジ型LEDバックライト エッジ型LEDバックライト
解像度 4K(3840×2160) 4K(3840×2160)
HDR(ハイダイナミックレンジ) 対応(HDMI入力対応) 対応(HDMI入力対応)
4Kチューナー 1(BS・CSのみ)
地デジチューナー 3 3
BS・CSデジタルチューナー 3 3
外付けHDD録画
複数同時録画 ○(4K放送はシングル録画)
倍速液晶
SeeQVault
ARC
インターネット 有線/無線 有線/無線
定格消費電力 121W~159W 115W~181W
VOD対応状況
Netflix
Amazonビデオ
ひかりTV
アクトビラ
Hulu
DAZN
TSUTAYA TV
dTV
ひかりTV4K
アクトビラ4K
YouTube
DMM.com
niconico
U-NEXT

基本仕様コメント

M520Xの基本仕様で一番注目すべきはやはり「4Kチューナー」を内蔵したことでしょう。
これまではテレビ単体で4K放送を受信することのできるテレビは日本では発売されていませんでしたから、TOSHIBAが初発売となります。
その他の点については表をご覧いただけるとわかるのですが、基本仕様的な部分では先代のM510XシリーズとM520Xシリーズでは違いがほとんどありません。
唯一対応VODサービス状況が一部異なっている点があります。
4Kチューナー対応ということで多少は違う部分があれど同じプラットフォームを使用しているのではないかと思うので、対応VODサービスが異なってくるのは謎ではあります。
もしかしたら今後のソフトウェアアップデートにより対応してくるのかもしれません。

バックライトについてはエッジ型のLEDが採用されており、直下型でない点は普及帯のコスパモデルであるが故仕方がないかもしれません。
また倍速パネルも搭載されていませんので、スポーツ等の動きの速い映像をよく見る方は注意してください。
その他のTV機能についてはチューナーも各放送は3チューナー搭載しており、2番組同時裏番組録画が可能となっています。

注目機能

4Kチューナー内蔵(BS・CSのみ)

M520Xの一番の注目点はやはり4Kチューナーを内蔵したことです。
これまではどのメーカーも4K放送を受信することのできるチューナーはテレビに内蔵しておらず、外付けの4Kチューナーを購入するしかありませんでした。
しかし今回内蔵したことで2018年12月1日より開始される4K本放送をテレビ単体で受信することが出来る為、いつもと変わらず自然とテレビを見る動作で4Kの高画質放送を見ることが可能になりました。
※搭載されている4KチューナーはBS・CS放送のみを受信することができます。4Kの地上デジタル放送は受信できませんので注意してください。

地デジビューティX

地上デジタル放送をよりきれいに見る為の機能の総称を地デジビューティXと呼んでいます。
今日現在地上デジタル放送は4K放送を行っておらず1440×1080という解像度で放送されています。
しかし液晶パネルは4K解像度に対応しているため、地上デジタル放送を4K解像度に引き伸ばして画面に映しています。
小さい解像度の映像を大きな解像度に引き伸ばしているためどうしても映像にアラが出てしまいます。
そのアラを最小限に抑え、様々な処理を加えて高画質化するために動いているのが地デジビューティXになります。

地デジビューティXについて詳しく見る

ゲームターボ機能

液晶テレビではどうしても動作原理の違いからブラウン管テレビよりも画面の応答速度が遅くなりがちです。
その為格闘ゲームなどタイミングがシビアなゲームにおいて液晶テレビは不利とされてきました。
しかしM520Xには独自のゲーム専用モードを搭載しているため、画面の応答速度が格段に向上しています。
ゲームターボモードをONにすることで最速0.83msecで画面が反応する為、格闘ゲーム等でも体感的には遅延なくプレイすることが出来ます。

比較動画でその違いを比べてみてください。

出典:Youtube-REGZAチャンネル

M520XシリーズのGoodな点

  • 日本初4Kチューナー搭載機種

4K放送が開始されると言われながら4Kチューナーを搭載したテレビが一向に発売されなかった中でいち早く日本初4Kチューナーを搭載したモデルということで大変注目を集めています。
今までは外付けで4Kチューナーを購入しなければ4K放送を受信することが出来ませんでしたが、これでテレビ単体で受信することが出来るようになります。

  • スマートスピーカー連携機能が追加された

現在主流となりつつあるスマートスピーカー連携が追加されました。具体的にはGoogleのサービスと連携することが出来ます。
スマートスピーカーと連携することによって音声によりチャンネルの変更や音量等のテレビの操作が可能になります。
まさにハンズフリーで操作を完結させることが出来ます。

M520Xシリーズの「もう一つ」な点

  • 先代のM510Xシリーズにあったホワイトモデルが無くなった

先代のM10Xにはテレビには珍しくホワイトモデルがラインナップとして展開されていましたが、今回のM520Xではなくなってしまいました。
インテリアの一つとして扱われつつある現在で、ホワイトモデルは貴重な存在でしたので無くなってしまったのは残念です。

  • 4KチューナーはBS及びCSのみ受信可能

今回搭載された4KチューナーはBSとCSの4K放送を受信することが出来ます。
地上デジタル放送の4K放送を受信することはできません。一応日本初ということで4Kチューナーが搭載されていますが、地上デジタル放送を主に視聴する方にとってはあまり注目する点ではないかもしれません。

総評

M520Xは先代のM510Xの基本性能を踏襲しつつ日本初の4Kチューナーを搭載した正統進化モデルです。
4K放送受信用のチップを外付けにすることでいち早く4Kチューナーを搭載したテレビを発売することが出来たということで注目を集めることが出来たのではないでしょうか。
テレビとしてはTOSHIBAの普及対モデルということで倍速や直下型バックライトなど少しコストカットが伺えますが、4Kテレビを初導入するのであれば全然アリではないでしょうか。
VODサービスの対応状況が現時点でよろしくないのが気になるので購入される際は注意してください。