VIERA TH-49GX755ってどうなの?

Panasonic-液晶テレビ49インチ


評価:5

このページでは、Panasonicのエントリー4K液晶テレビ【TH-49GX755】のポイントを紹介します。
TH-49GX755】は、同社「GX750シリーズ」の後継モデルに相当します。

49インチの他43インチ/55インチ が用意されています。



基本仕様

型番 TH-49GX755
発売時期 2019年10月
パネル IPS
バックライト LEDバックライト
解像度 4K(3,820×2,160)
HDR(ハイダイナミックレンジ) HDR10/HDR10+/HLG/HLGフォト
8Kチューナー
4Kチューナー 2
地上デジタルデジチューナー 2
BS/CSデジタルチューナー 2
外付けHDD録画
裏録画 1番組
倍速駆動 -(バックライト点滅制御は有)
SeeQVault
ARC
インターネット 有線/無線
定格消費電力 144W

VOD対応状況
AbemaTV
Amazonプライムビデオ
DAZN ※初回31日間無料
DMM.com ※初回2週間無料
dTV ※初回31日間無料
GYAO
Hulu ※初回2週間無料
NETFLIX
TSUTAYA TV ※初回30日間無料
U-NEXT ※初回30日間無料
YouTube
アクトビラ
アクトビラ 4K
スカパー!(オンデマンド)
ひかりTV
ひかりTV 4K

さらに詳しい仕様についてはメーカーホームページを確認してください。

TH-49GX755のGoodな点

  • 高輝度IPS液晶パネル搭載
    TH-49GX755には高輝度IPS液晶が搭載されています。
    IPS液晶は、色再現性や広い視野角が特徴です。Panasonicはさらに高輝度IPSとして、明るいリビングや太陽光などで明るくなるシチュエーションでも色をしっかりと表現できるパネルを搭載しました。
  • ダイナミックサウンドシステム&サイズ感ピッタリなシアターシステム
     TH-49GX755には、片側15Wのフルレンジスピーカーが左右に配置されており、合計30Wの出力を出すことが出来ます。
    抜けの良いサウンドを演出してくれます。
     また、同社から出ているサウンドバー「HTB01」が、本モデルのスタンド間にピッタリと嵌るサイズで作られている為、内蔵で満足できない方はこちらも検討してください。
  • 専用スポーツモード搭載
    TH-49GX755には、スポーツなどをよりリアルに視聴するための専用モード「スポーツモード」が搭載されています。
    スタジアムの照明やフィールドに合わせて輝度などを調整することで、より臨場感高くスポーツを視聴することが出来ます。

TH-49GX755の「もう一つ」な点

  • 先代から大きな変更点はない
    TH-49GX755の先代モデルは、GX755シリーズです。
    型番からもわかるように、先代からの変更点がそこまでありませんから、買い替え用途では候補に挙がりにくいです。
    4Kチューナーは1つ追加されて合計2系統になっていますから、そこに価値を見出せるか否かになりそうです。
  • 倍速液晶ではない
    TH-49GX755には倍速液晶は搭載されていません。
    専用のスポーツモードが搭載されていることを考えると、折角の機能がもったいない気がします。


TH-49GX755総評

【録画・チューナー関連】

TH-49GX755には、4K 2系統、通常2系統のチューナーが搭載されており、裏録画も通常番組及び4K番組を1番組録画することが可能です。
チューナー数的には普通の数ですね。
裏番組1番組までは録画することが出来ますが、2番組不可能な為、番組が頻繁に重なる方は別途レコーダーの購入を検討してください。

【画質】

 画質エンジンについては「コントラスト制御」に加え「高輝度IPS液晶パネル」が採用されていることから、リビング等の外光が入りやすい環境でも色が薄くなりにくく、IPSの弱点である色の薄さをカバーしています。
 しかし上位モデルGX855には「ヘキサクロマドライブ」「Wエリア制御」が与えられているのに対し、GX755は力不足感が否めません。
また倍速液晶は搭載されていない為、動きの速い映像をよく視聴する場合は、残像感に注意が必要です。

【サウンド】

搭載されているスピーカーは片側15Wの合計30Wを出力するスピーカーが搭載されています。
独自開発の「ダイナミックサウンドシステム」は、剛性を高めたスピーカーボックスと低ノイズ・低歪み回路によりパワフルな音を鳴らしてくれます。
 しかし立体音響技術などには対応しておらず、臨場感を求める場合はパワー不足が否めません。
同社からGX755のスタンドにピッタリと収まるコンパクトサイズながら、力強いサウンドとDolbyAtomosにも対応した「HTB01」が用意されていますから、見た目をスッキリさせたいがサウンドも妥協したくない場合は検討してみてください。
もちろん別メーカーのサウンドバーでもOKです。
おすすめサウンドバーランキング

【デザイン】

VIERAの少し前の世代で多く採用された2本脚デザインがGX755では復活しています。
一枚の板がベタっとくっついているよりはスタイリッシュに見える為、個人的にもお勧めのスタンドです。
ただ、テレビの横幅よりも狭い台に設置する場合は、台の設置面積によっては不安定になりますので、事前に確認してください。

【その他】

 VOD対応状況も良く、トレンドであるスマートスピーカーとの連携も可能です。
 残念ながらBluetoothは対応していない為、ワイヤレスで聞くことはできません。

【価格】

価格は執筆時点の価格com最安値で100,000円となっています。
スペック相応の価格といったところです。
国内メーカーとしては頑張っている価格帯でありますから、そこまで高機能を求めない層には初期投資を抑えることが出来ますね。

ひとこと

GX855と同じくGX755もGX750からのマイナーアップデートとなりました。
とはいえ4Kチューナーが2系統に増量されていたり、新たに55インチモデルが発表されるなどしており、ぎりぎり決め手に欠けていたなどで購入を控えていた方は検討しても良いかもしれません。
エントリーモデルとしては十分な性能だと思いますので、そろそろテレビの寿命が近い方などは買い替えモデルとしても良いでしょう。

TH-49GX755は買いなのか?

こんな方にオススメ

  • 4K番組を裏で録画したい
  • 斜めからテレビを見ることが多い
  • VODを複数利用予定
  • エントリークラスで十分

こんな方はちょっと待った

  • ハイスペック狙い
  • テレビを見るポジションは決まっている
  • デザインも重視する

TH-49GX755の評価(MAX★5)

画質 ★★
録画機能(チューナー等) ★★
VODサービス ★★★★
コストパフォーマンス ★★★
ファミリーユース(家族向け)  オススメ度 ★★★
シングルユース(一人暮らし向け)  オススメ度 ★★

GX755シリーズ別サイズ

43インチ

55インチ

【VOD利用者必見】オススメ光回線ランキング

VODを快適に利用するには光回線が推奨されます。 光回線はキャッシュバックも充実しており、新規はもちろんのこと、乗り換えで違約金等を差し引いても実質プラスになる会社がほとんどです。
中には10万円以上のキャッシュバックも受けられます!!
【10万円キャッシュバックも!?】オススメ光サービスランキングはコチラ

賃貸でもテレビを壁掛けに!?

賃貸住宅でも「とある金具」を使用することで、現状復旧可能な状態でテレビを壁掛け設置することが出来ます!!
【賃貸でもOK】テレビを壁掛けにする方法はコチラ

キャンペーン情報

今なら基本プランでテレビ&レコーダー3台までセットで初回1980円(税込み)!!
ココロ動くミライへ スカパー!