【ポイント紹介】SHARP AQUOS AX1シリーズ(8T-C60AX1/8T-C70AX1/8T-C80AX1)

2018-11-20SHARP(シャープ)-液晶テレビ8K


このページではSHARP AQUOSブランドから発表されている8Kディスプレイ搭載の「AX1シリーズ」のポイントを紹介します。
「AX1シリーズ」は世界初の8K BS放送を受信することが出来るチューナーを搭載したハイエンドモデルになります。
主に60インチ以上の大画面モデルがラインナップされています。
兄弟機種として同時発表された同社の「AW1シリーズ」があります。
主な違いは「AW1シリーズ」には8K&4Kチューナーを搭載していません。

サイズラインナップは60インチ・70インチ・80インチとなっております。



基本仕様

基本仕様 AX1シリーズ
パネル VA
バックライト 直下型LED
解像度 8K(7680×4320)
HDR(ハイダイナミックレンジ) 〇(HDMI入力対応)
8Kチューナー 1(BS)
4Kチューナー 2(BS/CS)
地デジ/BS/CSチューナー 3
外付けHDD録画
複数同時録画
倍速液晶
SeeQVault
ARC
インターネット 有線/無線
定格消費電力 526-825W
VOD対応状況
AbemaTV
Amazonビデオ
DAZN
DMM.com
dTV
GYAO
Hulu
Netflix
niconico
TSUTAYA TV
U-NEXT
YouTube
アクトビラ
アクトビラ4K
ひかりTV
ひかりTV4K

さらに詳しい仕様についてはメーカーホームページを確認してください。
SHARP AQUOS AX1シリーズー仕様

AX1シリーズのGoodな点

  • 世界初8K BSチューナー搭載
    現在発売されている機種の中で世界初の8K BSチューナーを搭載しています。
    2018年12月1日から放送開始予定の8K BSを受信することが出来ます。現状8K放送が決定しているのはNHKのみです。
  • 4K BS/CSチューナーは2系統搭載
    8K BSチューナー登載が目立つ本機種ですが、4K BS/CSチューナーも2系統搭載されています。
    2系統搭載していることにより4K放送を視聴しながら裏の4K放送を録画することが可能です。
  • AQUOS史上最高画質パネル搭載
    SHARP自体がAQUOS史上最高画質と謳っているように、「広色域」「高輝度」「高精細」全てを兼ね備えた8K解像度ディスプレイの画質には圧巻の一言です。
  • ONKYOとタッグを組んだ合計6つ最大出力70Wスピーカーを搭載
    AX1シリーズには音響機器メーカーとして有名な「ONKYO」社と共同開発をした合計6つ最大出力70Wの高性能スピーカーを搭載しています。
    大画面に負けない高音質で映像を楽しむことが可能です。

AX1シリーズの「もう一つ」な点

  • 消費電力がかなり高い
    AX1シリーズの消費電力は60インチモデルで526W、70インチで536W、80インチモデルにもなると消費電力は825Wにもなります。
    液晶テレビではありますがハイエンド有機ELモデルと同等かそれ以上の電力を必要とするため、長時間テレビをONにする場合は電気代に注意が必要です。
    といってもこのクラスを購入する方は電気代を気にしてはいないと思われますが。。。
  • 8Kの録画には専用のHDDが必要
    世界初の8K BSチューナーを搭載した本機種ですが、もちろん8K番組を録画することが可能です。
    しかし8K放送を録画するためには一般的に市販されている外付けHDDでは不可能で、SHARPから発売されている専用外付けHDD「8R-C80A1」を接続する必要があります。

AX1シリーズは買いなのか?

こんな方にオススメ

2018年12月1日から開始予定の4K/8K本放送で8K BSを視聴したい方はこの機種を購入してください。
現状フルスペックで8Kを受信することが出来るテレビはAX1シリーズしかない為、選択肢が無いように思えるかもしれませんが、AQUOS史上最高画質のパネルを搭載しており、音質面もONKYOとの共同開発により高音質を実現し、全く不満点のない一台ではないでしょうか。
もちろんその技術は8K以外の地上デジタル、BSデジタル等にも活かされている為通常チャンネルの視聴でも力を発揮することが出来るでしょう。
また、ステータスとしてテレビを購入される場合AX1シリーズはもってこいの商品になります。

こんな方はちょっと待った

8Kが必要ない人はAX1シリーズは宝の持ち腐れになってしまうため、購入はやめておいたほうが良いでしょう。

 

AX1シリーズ総評

SHARPが戦略としている高解像度、大画面戦略に基づいて発表した世界初8K BSチューナーを搭載したフラッグシップモデル「AX1シリーズ」は、正真正銘SHARPの看板モデルと言えるでしょう。
フルHDの16倍の解像度を持つ8K高解像度パネルに8K倍速液晶、直下型LEDバックライト、ONKYOとの共同開発したスピーカーなど豪華機能が盛りだくさんとなっており、トップモデルの風格を感じます。
価格もトップで、値段を考えながら購入するような機種ではないかもしれません。
12月1日から開始予定の8K本放送で唯一フルスペックで受信することが出来る機種ですから、いち早く最先端技術で8Kを視聴したいという方はAX1シリーズはオススメです。
一方で8Kの録画は専用の外付けHDDが必要になるため、録画も込みで考えている方は専用外付けHDDの同時購入も検討してください。

賃貸でもテレビを壁掛けに!?

賃貸住宅でも「とある金具」を使用することで、現状復旧可能な状態でテレビを壁掛け設置することが出来ます!!
【賃貸でもOK】テレビを壁掛けにする方法はコチラ

キャンペーン情報

今なら基本プランでテレビ&レコーダー3台までセットで初回1980円(税込み)!!
ココロ動くミライへ スカパー!