お知らせ

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
現在当ブログは記事の追加途中です。
コンテンツ数的にはまだ少ない状況ですが、随時記事を追加していきますので、よろしくお願いします。

4Kテレビの「4K」って何のこと?

2018-02-27

この記事は約316秒で読めます。

家電量販店のテレビコーナーへ行くと色鮮やかなポップと共に「4K」の文字が躍っていますよね。

そもそも4Kという言葉は聞きますが、4Kとは何のことかご存知ですか?

今回は4Kの意味をご説明します。

4K=4000のこと

「K」とは何のことでしょうか?

まず「K」の事を説明するためにデータ単位の話をしましょう。

データの最小単位は「bit(ビット)」です。

8bit=1B(バイト)で世間的にはデータの単位には「バイト」が主に使われています。

そしてバイトが千倍になると・・・1000B=1KB(キロバイト)になります。

このことから主に1000を略すときに「K」が使用されます。

よって4K=4000を意味しています。

ちなみに

1000KB(キロバイト)=1MB(メガバイト)

1000MB(メガバイト)=1GB(ギガバイト)

です。

スマートフォンやパソコンのメモリを少しでも気にしたことがある方は「GB(ギガバイト)」と聞くとピンときませんか?

現在では「GB(ギガバイト)」がよく使われるようになってしまい、「KB(キロバイト)」は最近の人にはあまりなじみがないかもしれませんが、IT業界ではデータの単位として日常的に使われています。

 

4K(4000)は解像度の事を指している

「K」の意味が分かったところで

4Kは何のことを指しているのでしょうか?

答えは「解像度」です。

 

テレビの画面上には目に見えないくらい小さな点が縦横にたくさん配置されています。

その点一つ一つが光の三原色である「」を組み合わせて発色することで色を再現しています。

解像度とは点が縦横にどれくらい配置されているかのサイズを指しています。

点の数が多いほどよりきれいな画を映し出すことが出来ます。

みなさんが普段見ている「地上デジタル」「BSデジタル」と「4K解像度」のサイズの違いを簡単に表にしてみました。

DVD 地上デジタル BSデジタル 4K解像度
解像度 720×480 1440×1080 1920×1080 3840×2160

4Kサイズイメージ

この表をご覧いただけるとわかりますが、4K解像度がいかにデカイかがわかります。

フルHD比で約2倍、DVDで比べるとなんと約5.3倍も大きいのです!!

4Kは色を表現する点がご覧のようにたくさんあるので高精細な映像が映し出せるということです。

少し前まで主流だったDVDがはるかに小さく見えてしまうのは少し残念な感じがしますね。

 

まとめ

「4K」テレビの「4K」の意味はお分かりいただけたでしょうか?

デジタル用語から来ている言葉なので「4K」と言われてもピンと来ない方もいるかもしれませんが、意味自体は単純明快な言葉です。

「4K」自体はこれから主流になっていくであろう放送仕様なので是非とも覚えておいてください。

 

4K4K, 解像度

Posted by Writer