お知らせ

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
現在当ブログは記事の追加途中です。
コンテンツ数的にはまだ少ない状況ですが、随時記事を追加していきますので、よろしくお願いします。

HDRとは?どのような機能?

テレビの機能詳細を見ていると「HDR」対応と書かれていることがありますよね。

この「HDR」とは何を表しているのでしょうか?

そしてこの「HDR」が搭載されているモデルと搭載されていないモデルでどう違うのでしょうか?

今回はこの「HDR」について説明したいと思います。

HDR(ハイダイナミックレンジ)は何の略?

HDRは「ハイダイナミックレンジ」を略した言葉になります。

このHDR(ハイダイナミックレンジ)は最近ではスマートフォンのカメラ機能にも搭載され始めているので、聞いたことがある方もいるかもしれません。

ちなみにHDRの対照的な言葉としてSDR(スタンダードダイナミックレンジ)という言葉があります。

 

基本的にはHDRに対応していないテレビはすべてSDR(スタンダードダイナミックレンジ)だと思ってもらって大丈夫です。

ではこのHDR(ハイダイナミックレンジ)はどのような機能の事でしょうか?

 

HDR(ハイダイナミックレンジ)はどのような機能?

HDRの言葉の意味が分かったところでHDRがどのような機能かをご説明します。

露出を変えつつ複数枚の写真を撮影し、それらを合成することで白飛びや黒つぶれの少ない幅広いダイナミックレンジを持つ画像(ハイダイナミックレンジイメージ)を生成する。

出典:Wikipedia-ハイダイナミックレンジ合成

簡単に言いますと「ある瞬間の映像で明るさを高くした場合の映像と明るさを暗くしたときの映像との2パターンを抽出し、それぞれの明るさできれいに見える部分を合成して2パターンの映像のいいとこどりをする」機能です。

映像の中で暗い部分をきれいに見せる為に明るさを高くすると、どうしても元から明るい部分が明るくなりすぎてしまい、白飛びしてしまいます。

逆に明るさが高い部分をきれいに見せようと、明るさを暗くした場合は元から暗い部分がさらに暗くなってしまい、黒くつぶれて見えなくなってしまいます。

そこでいいとこ取りをする機能が生まれました。それがHDRということです。

百聞は一見に如かずということで、サンプル画像を見ていただきましょう。

 

まずはSDR(スタンダードダイナミックレンジ)での暗い映像です。

奥の紅葉がとてもきれいに映っていますが、逆に手前の建物の中が暗すぎて見えづらくなっています。

次に明るさを高くした場合の画像です。

今度は手前の部屋が細部までとてもきれいに映っています。

そして今回のHDR(ハイダイナミックレンジ)を使用して、明るい映像と暗い映像を合成した画像です。

いいとこ取りをしたおかげで、紅葉の色鮮やかさと共に手前の部屋内部もしっかり映っています。

このように明るい画像と暗い画像のいいとこ取りをした場合のメリットがお分かりいただけたと思います。

 

人間の目はスーパーHDR

今まで気にしたことがなかったかもしれませんが、私たち人間の目も知らず知らずにHDRと同じ処理をしています。

上の画像と同じ場所へ足を運んだ場合、3枚目と同じかそれ以上にきれいに見えるはずです。

私たちは自動的に明るい部分と暗い部分のいいとこ取りをして見ています。

いわば人間の目はスーパーHDR機能と言ったところですかね(笑)

 

HDRまとめ

HDR(ハイダイナミックレンジ)機能がどういった機能かお分かりいただけたでしょうか?

HDR(ハイダイナミックレンジ)はこれからの時代映像表現には欠かせない技術になってきます。

いままでは明るさによってどうしても上手く表現することが出来なかった部分も、鮮明に表現することが出来るようになるため、これまで以上に監督の意図や、細やかな表現が可能になります。

これからテレビの購入を検討している場合は、是非HDR(ハイダイナミックレンジ)機能が搭載しているかをチェックしたいところです。