FUNAI FE-65U7030ってどうなの?

FUNAI(船井電機)-有機EL3チューナー,4K 2チューナー,65インチ


評価:7.5

このページでは、FUNAIの4K有機ELテレビ7030シリーズ【FE-65U7030】のポイントを紹介します。
ここ数年で急に知名度を上げてきたFUNAIのフラッグシップ有機ELテレビが登場しました。
大手にはない付加価値で勝負をするメーカーで、今回のモデルも注目です。

65インチの他55インチが用意されています。



基本仕様

発売時期2020年6月
パネル有機EL
バックライト
解像度4K(3840×2160)
対応HDRHDR 10 / HLG / DolbyVision
8Kチューナー-
4K BS/CSチューナー2
地上デジタルチューナー3
BS/CS デジタルチューナー3
外付けHDD録画
裏録画
倍速駆動
SeeQVault
ARC
LAN有線/無線
定格消費電力405W
VOD対応状況
AbemaTV
Amazonプライムビデオ
DAZN※初回31日間無料
DMM.com※初回2週間無料
dTV※初回31日間無料
GYAO
Hulu※初回2週間無料
NETFLIX
TSUTAYA TV※初回30日間無料
U-NEXT※初回30日間無料
Paravi
Youtube
アクトビラ
アクトビラ 4K
ひかりTV
ひかりTV 4K

さらに詳しい仕様についてはメーカーホームページを確認してください。

FE-65U7030のGoodな点

  • 4Kチューナー2系統搭載
     FE-65U7030には4Kチューナーが2系統搭載されています。
    2系統搭載されていますから、4K番組を視聴中に裏で別の4K番組を録画することが可能です。
    4K放送を見る際に注意したい点
  • 多方面からアプローチするサウンドシステム
     FE-65U7030には、多方面から音にアプローチした「マルチディレクション型FUNAIサウンドシステム」が採用されています。
    テレビ背面の上部にスピーカーを配置し、天井に向けて音を発することで立体感を出し、左右に配置されたウーファーとのセットで包み込まれるようなサウンドを実現しています。
  • 2TBの録画用HDD内蔵
    他社との差別化の一つに2TBの録画用HDD内蔵があります。
    普段は別売りされている録画用HDDが最初から内蔵されていることから、購入してすぐに番組を録画することが出来ます。

FE-65U7030の「もう一つ」な点

  • 「Amazonプライム」「NETFLIX」非対応
    VODの対応状況は比較的良好な部類には入りますが、大手である「Amazonプライム」「NETFLIX」には対応していません。様々なVODサービスを複数利用する現在では、少し残念ではあります。
  • ベタ置き設置タイプ
    これは好き嫌いが分かれるかもしれませんが、SONYのA9Gシリーズなどのように、スタンドが搭載されているわけではなく、テレビ台などに直に設置するタイプになります。
    また、初めからディスプレイに傾斜が付いています。


FE-65U7030総評

【録画・チューナー関連】

FE-65U7030には、4K2系統、地デジ3系統、BS/CS 3系統のチューナーが搭載されています。
他のモデルを見てもタイムシフトマシンを除くと最大搭載数ですから、
特にヘビーな使い方をしなければ必要十分ではないでしょうか。

【画質】

 FUNAIは実はブラウン管の時代からテレビを作っており、最近薄型テレビが当たり前になり始めてからニューモデルを発表してきました。
一定のテレビのノウハウは持ち合わせており、購入したユーザーからも「意外に良い画質」と評価されていることも多いです。

【サウンド】

 フラッグシップモデルということでサウンド面にもこだわりが見えます。
マルチディレクション型FUNAIサウンドシステムは、スピーカーの配置にも気を使ったこだわりのシステムとなっていました。
テレビとしては高音質の部類に入るかと思います。
ただ低音の迫力はやはりサウンドバーに軍配が上がりますので、低音重視の場合はサウンドバーを検討してください。
おすすめサウンドバーランキング【音にこだわれ】

【デザイン】

FE-65U7030は、SONYがA9Gシリーズなどで採用しているテレビ台にベタ置きするタイプが採用されています。
初めからディスプレイに傾斜が付けられている為、ソファーから見る分には問題ありませんがカーペットに座ってみる場合は少し見にくいかもしれません。
視野角的には有機ELなのでそこまで問題ないでしょう。

【その他】

対応状況自体は比較的優秀な部類に入りますが、「Amazonプライム」と「NETFLIX」に対応していないのは少し痛いかもしれません。
どちらもVOD大手ですから併用されている方も多いのではないでしょうか。

【価格】

価格は執筆時点の価格com最安値で420,000円となっています。
有機ELは大画面化に非常にコストが必要であるため、55インチモデルと2倍ほど価格が異なっています。
しかし65インチサイズの他社モデルを見比べると意外にもコスパが良い部類に入るのではないでしょうか。

ひとこと

 実は昔からテレビを製造していて、ノウハウは持ち合わせているFUNAIですが、最近のメーカーという印象が強い方が多いようです。
物自体はHDD内蔵という手軽さを付加価値として売り出し、「意外に良い画質」で有名メーカーと戦っています。
ヤマダ電機系列での専売品というところが残念ですが、一度現物を見に行ってみる価値はあります。

FE-65U7030は買いなのか?

こんな方にオススメ

  • 4K番組を見たい
  • 配線等は減らしたい
  • 安くても良い画質
  • コントラストの効いた鮮やかな映像が好み
  • スポーツをよく見る

こんな方はちょっと待った

  • VODサービスヘビーユーザー
  • 基本的な視聴ポジションが床

FE-65U7030の評価(MAX★5)

画質★★★★
音質★★★★
便利機能充実度★★★★
コストパフォーマンス★★★★
ファミリーユース(家族向け) おすすめ度★★★★
シングルユース(一人暮らし) おすすめ度★★★

7030シリーズ別サイズ

55インチ

【VOD利用者必見】オススメ光回線ランキング

VODを快適に利用するには光回線が推奨されます。 光回線はキャッシュバックも充実しており、新規はもちろんのこと、乗り換えで違約金等を差し引いても実質プラスになる会社がほとんどです。
中には10万円以上のキャッシュバックも受けられます!!
【10万円キャッシュバックも!?】オススメ光サービスランキングはコチラ

賃貸でもテレビを壁掛けに!?

賃貸住宅でも「とある金具」を使用することで、現状復旧可能な状態でテレビを壁掛け設置することが出来ます!!
【賃貸でもOK】テレビを壁掛けにする方法はコチラ