Hisense E6Gシリーズってどう?(43E6G/50E6G/65E6G)


Hisense(ハイセンス)-液晶テレビ2チューナー,43インチ,4K,4K 1チューナー,50インチ,65インチ,液晶

 Hisenesのベーシック液晶テレビシリーズ【E6Gシリーズ】のポイントを紹介していきます。
Hisenseのテレビラインナップは複数ありますが、4K解像度のモデルとしては最もベーシックなものになります。

画面サイズは、43インチ/50インチ/65インチがラインナップされています。



基本仕様

発売時期43インチ:2021年5月
50インチ:2021年2月
65インチ:2021年4月
パネル43,65インチ:ADS
50インチ:VA
バックライト全面直下型
解像度4K(3840×2160)
対応HDRHDR10/ HLG
8Kチューナー-
4K BS/CSチューナー1
地上デジタルチューナー2
BS/CS デジタルチューナー2
外付けHDD録画
裏録画
倍速駆動-
SeeQVault-
ARC
LAN有線/Wi-Fi
定格消費電力43インチ:120W
50インチ:130W
65インチ:190W
VOD対応状況
AbemaTV
Amazonプライムビデオ
DAZN※初回31日間無料-
DMM.com※初回2週間無料
dTV※初回31日間無料
GYAO-
Hulu※初回2週間無料
NETFLIX
TSUTAYA TV※初回30日間無料
U-NEXT※初回30日間無料
スカパーオンデマンド
Youtube
アクトビラ-
Paravi
ひかりTV
TVer-

※最新の情報については、メーカーホームページをご確認ください



E6Gシリーズ各ポイント評価

【録画・チューナー関連】

E6Gシリーズは、4K1系統、地デジ2系統、BS/CS2系統が搭載されており、ネイティブで4K放送を視聴・録画することが可能です。
ベーシックモデルということで、チューナー全体の数でいえばそこまで多くない印象です。
チューナー数が全体的に多くないので、番組をたくさん録画される場合など、重なった場合に不都合が起きます。

【画質】

 ベーシックモデルということもあって、搭載されている映像処理エンジンは「NEOエンジンLite」と呼ばれる下位グレードのエンジンが採用されています。

とはいえ東芝との共同開発によりメイドインジャパンの映像処理技術が入っているので、そこまで悪いということにはなりません。
採用されているパネルも50インチモデル以外はADSが採用されており、視野角や色再現性には期待できます。
50インチのみはVAパネルが採用されているので、50インチを購入する場合は、VAであることを認識しておく必要があります。

【サウンド】

 全サイズで10W+10Wの合計出力20Wのスピーカーが搭載されています。
全サイズで同じシステムを採用し、コストカットをしているところが垣間見えるので、音についてもそこまで良いものではありません。
もちろんテレビを見るだけでよければ全く問題ないですが、少し良い音質を求める場合は、別途サウンドバーやシアターシステムを購入して設置することをお勧めします。
【2021最新版】おすすめサウンドバー5選【音にこだわれ!!】

【デザイン】

 いたってシンプルなデザインとなりますが、「ノンベゼル」デザインとなっておりほぼほぼベゼルと呼ばれるものはありません。
どうしてもパネルの外周に黒い部分ができますがそれのみで、枠というものは極限まで無くされたデザインです。

スタンドはセパレートタイプで、全体的にグレーを基調としたカラーリングとなります。

【その他】

 大手は軒並み対応してはいますが、やはり日本国内のVODサービス、特に最近出てきたようなサービスは対応していません。

Hisenseの一つの強みとして保証期間の長さがあります。
大体のメーカーが1年保証となっているところ、Hisenseは3年メーカー保証となり、家電量販店の長期保証並みにメーカー保証がついてきます。
家電量販店などの長期保証などは制限や条件があったりと使いづらい部分もありますが、メーカー保証で3年あると安心感が違いますね。
 

【価格】

価格は執筆時点の価格com最安値で43インチ:46,200円・50インチ:56,800円・65インチ:85,900円となっています。
全体的に価格は安く、ベーシックグレードということで手を出しやすい価格帯となっています。

総評

 E6GシリーズはHisenseのベーシックグレードとなります。同社のA6Gシリーズとスペックが非常によく似ており、一応A6Gのほうが上のモデルということになっていますが、正味違いはほぼありません。
一応スピーカーなどで微妙な差別化がされていますが、差と呼べるほどではないでしょう。
よって、とりあえず4Kテレビが欲しくてHisenseを考えている方は、E6Gを購入して初期投資を最小限に抑えるのが良いではないでしょうか。

43インチ

50インチ

65インチ

【VODにぴったりWi-FIルーター】

テレビでVODサービスを楽しむ際、回線速度は十分なはずなのにプチプチ止まることありませんか?
それもしかしたらWi-FIルーターが原因かもしれませんよ? ということで管理人的最強ハイコスパWi-FIルーター【TP-LINK Archer AX73】をお勧めします。
管理人が実際に使っているレビュー記事はコチラから

【VOD利用者必見】オススメ光回線ランキング

VODを快適に利用するには光回線が推奨されます。 光回線はキャッシュバックも充実しており、新規はもちろんのこと、乗り換えで違約金等を差し引いても実質プラスになる会社がほとんどです。
中には10万円以上のキャッシュバックも受けられます!!
【10万円キャッシュバックも!?】オススメ光サービスランキングはコチラ

賃貸でもテレビを壁掛けに!?

賃貸住宅でも「とある金具」を使用することで、現状復旧可能な状態でテレビを壁掛け設置することが出来ます!!
【賃貸でもOK】テレビを壁掛けにする方法はコチラ