【ポイント紹介】LG B8Pシリーズ(OLED55B8PJA/OLED65B8PJA)

2018-08-30

このページではLGのエントリー有機ELパネルモデルであるB8Pシリーズのポイントを紹介していきます。
B8Pシリーズは同社B7Pシリーズの後継モデルになります。

画面サイズは55インチ・65インチの2サイズラインナップです。

それでは基本スペックから見ていきましょう。

基本仕様

基本仕様 B8Pシリーズ(新シリーズ) B7Pシリーズ(先代シリーズ)
パネル 有機EL 有機EL
バックライト
解像度 4K(3840×2160) 4K(3840×2160)
HDR(ハイダイナミックレンジ)
4Kチューナー
地デジチューナー 2 2
BS・CSデジタルチューナー 2 2
外付けHDD録画
複数同時録画
倍速液晶
SeeQVault
ARC
インターネット 有線/無線 有線/無線
定格消費電力 353W~477W 370W~500W
VOD対応状況
AbemaTV
Amazonビデオ
DAZN
DMM.com
dTV
GYAO
Hulu
Netflix
niconico
TSUTAYA TV
U-NEXT
YouTube
アクトビラ
アクトビラ4K
ひかりTV
ひかりTV4K

基本仕様コメント

先代のB7Pシリーズと基本仕様的にはほぼ一緒になりますので、内部機能のアップデートが主になっていると思われます。
エントリーモデルとは言いながらも、マスト機能はしっかりとカバーされています。
倍速機能や素子単位の発光量制御機能などLG独自の機能も盛りだくさんとなっています。
ただ一点搭載チューナーが各放送波2つ搭載となっているため、2番組同時録画、いわゆるW録を行うことが出来ません。
B8Pよりも上位のグレードはすべてW録画可能な為、ここで差をつけてきたということでしょう。
VOD対応状況については、NETFLIXやAmazonプライムビデオなどには対応しておりますが、Huluには対応していないのが痛いところではあります。
また、最近では日本独自のサービスにも対応してきている傾向があり、アクトビラや光TV、U-NEXTに対応しているなど対応状況については割と頑張っている印象です。

 

注目機能

True Color Accuracy Pro

True Coloar Accuracy Proはテレビで映像を表示する際に重要な色彩情報の処理能力を飛躍的に向上させる機能です。
数多くのサンプルデータを基に限りなく本物の色を再現することで映像本来の感動や深みを再現することが出来ます。
その性能は4Kや8K放送で使用される色域「BT.2020」もカバーされている為、本放送が始まった場合でも4K8K放送のリアルな色を映し出すことが可能となっています。

 

Self lighting Pixel

有機ELパネルは素子自体が発光する為、バックライトが搭載されておりません。
Self lighting Pixcelは有機ELの素子自体が発光する特性を活かした技術で、画素ごとに明るさを調節して、直下型LEDバックライトの部分制御を遥かに超える細かな明るさ制御を行うことが出来ます。
従来では表現しきれなかった細かな色の明暗も演出することが可能になったことで、より肉眼で見ているかのような美しい映像を楽しむことが出来ます。
また画素の明るさを完全に落とすことで液晶パネルには再現できなかった「本物の黒」を再現することが出来ます。

 

Billion Rich Colors

一般的な液晶テレビでは、色を再現するのに8bitカラーが使用されています。
Billion Rich Colorsでは8bitカラーの64倍もの実に10億以上の色を表現することが出来ます。
特に自然の植物や生き物が発する色はその繊細な色合い故従来の液晶テレビでは再現しきれない部分が多々ありましたが、Billion Rich Colors機能ではその繊細な色合いすらもリアルに再現することで、まるで肉眼で見ているかのような映像を楽しむことが出来ます。

 

B8PシリーズのGoodな点

  • 洗練されたフレームレスデザイン

狭ベゼルデザインの採用により、テレビを設置した際に浮くことがなく、壁に映像が浮いているような体験ができます。
さらにバックライトがない有機ELの特性を活かした構造で横から見ても非常に薄くデザインされています。
近年デザイン性が求められるテレビとしても非常に洗練されています。

  • コストパフォーマンスが非常に高い

現在B8Pシリーズの55インチモデルの最安値は16万9000円前後です。
TOSHIBAの55インチ有機ELモデル55X920は現在最安値は32万円前後で、Panasonicの55インチ有機ELモデルTH-55FZ950の最安値は25万円程度です。
細かいところが異なりますので単純比較はできないのですが、同じ有機ELモデルでもLG B8Pシリーズはインチ当たりの価格が低くコストパフォーマンスが良いです。

 

B8Pシリーズの「もう一つ」な点

  • 機能性や細かい部分の評判があまりよくない

コストパフォーマンスのとてもいB8Pシリーズですが、メニューの操作性やテレビ自体の作りについての評判があまりよくありません。
スタンドにバリが残っていたりとか、パネルの四隅の処理が雑であったりとか、動作音が気になるとか様々あります。
これらは家電量販店では気づきにくいもので非常に厄介です。
やはり価格が低い分こういったところにしわ寄せが来るのかもしれません。
もし検討しているのであれば、家電量販店に細かい部分もチェックした方がよいでしょう。

 

総評

有機ELに関しては定評があるLG製品ということで、B8Pシリーズはエントリーモデルではありますが、国内のミドルレンジほどの性能を持ち合わせています。
コストパフォーマンスも国産品に比べると格段に良いのですが、一方で細かい部分が雑であったり、壊れやすいなどの報告もチラホラ出ています。
要は価格を取るか品質を取るかどうかが重要になってきます。
リビングに置くテレビでもよいですが、部屋に置くセカンドポジション的なテレビとして購入するほうが良いのかもしれません。