お知らせ

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
現在当ブログは記事の追加途中です。
コンテンツ数的にはまだ少ない状況ですが、随時記事を追加していきますので、よろしくお願いします。

【ポイント紹介】Hisense N8000シリーズ(HJ55N8000/HJ65N8000)

このページではHisense(ハイセンス)のフラッグシップ有機ELテレビである「N8000シリーズ」のポイントを紹介していきます。
「N8000シリーズ」はハイセンス唯一の有機ELモデルで同時にHisense社のトップモデルになります。

画面サイズラインナップは55インチ・65インチの2サイズとなっています。

基本仕様

基本仕様 N8000シリーズ
パネル LDありVA(55インチはLD×)
バックライト エッジ型LED
解像度 4K(3840×2160)
HDR(ハイダイナミックレンジ) 〇(HDMI入力対応)
4Kチューナー
地デジ/BS/CSチューナー 2
外付けHDD録画
複数同時録画
倍速液晶 ○(55インチは×)
SeeQVault
ARC
インターネット 有線/無線
定格消費電力 150-200W
VOD対応状況
AbemaTV
Amazonビデオ
DAZN
DMM.com
dTV
GYAO
Hulu
Netflix
niconico
TSUTAYA TV
U-NEXT
YouTube
アクトビラ
アクトビラ4K
ひかりTV
ひかりTV4K

詳しい仕様についてはメーカーホームページを確認してください。

N8000シリーズのGoodな点

  • メーカー3年保証付き

ほとんどの他社メーカーが保証は1年で、長期保証に加入するには購入する店舗の保障に別途加入しなければなりません。
しかしHisenseのN8000シリーズではメーカー保証が標準で3年付いているため、長期の利用でも安心して使うことが出来ます。

  • MHL対応

MHL対応スマートフォンと有線で接続することにより、スマホの画面をテレビの大画面で楽しむことが出来ます。
普段のスマホ画面をテレビの大画面に映し出したい場合に有効です。

N8000シリーズの「もう一つ」な点

  • 65インチモデルと55インチモデルとの差が大きい

「N8000シリーズ」は55インチと65インチの2モデルがあると説明しましたが、55インチモデルについては機能が削減されています。
55インチにはローカルディミング機能や倍速パネル機能が削減されています。
この2つの機能については画質に直接影響する為、削減されているのは少し残念です。

  • 2系統のチューナー

国内メーカーはSONY以外は3系統のチューナーを搭載してきており、同時に2番組録画することが可能ですが、N8000シリーズでは2系統しか搭載されていません。
よって裏で録画することが出来る番組は1番組となり、道あ番組が同時刻に重なってしまった場合はどちらかを諦めるしかありません。
番組が重なりがちなファミリーユースでは少し不満が残るかもしれません。

  • エッジ型バックライト

N8000シリーズはHisenseのフラッグシップモデルという位置づけになりますが、搭載されているバックライトはエッジ型が搭載されています。
フラッグシップモデルということで直下型バックライトがほしかったところです。
Hisenseの他のモデルでは直下型LEDが搭載されているモデルもある為、フラッグシップに搭載されなかった理由は不明です。

 

N8000シリーズは買いなのか?

こんな方にはオススメ

スペックの割には価格が安い為、コストパフォーマンス重視で検討される場合はオススメできます。
手軽に大画面4Kテレビを購入したい場合は候補に入れても良いでしょう。
しかし55インチモデルについては機能が削減されているため検討する場合は要注意です。

こんな方はちょっと待った

N8000シリーズはコスパがとてもいモデルです。
しかしコスパは良いですが映像の綺麗さや細かい部分は国内メーカーに多々劣る部分があります。
細かい部分を気にしない場合は問題ありませんが、映像面を気にする場合は要注意です。

N8000シリーズの総評

全体的に非常にバランスが取れたコストパフォーマンスの良いモデルだと思います。
しかし先述した通り55インチモデルと65インチモデルで機能に差がある為、55インチモデルを検討されている場合は要注意となります。
また、映像面についてはやはり国産メーカーに劣る部分が多々ある為、綺麗さを求める場合はこのモデルは候補には入らないでしょう。