LG UHD TV 65UM7500PJAってどうなの?

LG-液晶テレビ65インチ


このページでは、LGのベーシック4K液晶テレビ【65UM7500PJA】のポイントを紹介していきます。
65UM7500PJA】は、LG液晶テレビの中でもベーシックなモデルです。
65インチの他に、43インチ/55インチがラインナップされています。



基本仕様

基本仕様 65UM7500PJA
発売時期 2019年4月
パネル IPS
バックライト 直下型LEDバックライト
解像度 4K(3840×2160)
HDR(ハイダイナミックレンジ) HDR10/HLG
8Kチューナー
4Kチューナー 1(BS/CSのみ)
地上デジタルデジチューナー 2
BS/CSデジタルチューナー 2
外付けHDD録画
複数同時録画
倍速駆動 ○(TruMotion 120(2倍速相当))
SeeQVault
ARC
インターネット 有線/無線
定格消費電力 195W

VOD対応状況
AbemaTV
Amazonプライムビデオ
DAZN ※初回31日間無料
DMM.com ※初回2週間無料
dTV ※初回31日間無料
GYAO
Hulu ※初回2週間無料
NETFLIX
TSUTAYA TV ※初回30日間無料
U-NEXT ※初回30日間無料
YouTube
アクトビラ
アクトビラ 4K
スカパー!(オンデマンド)
ひかりTV
ひかりTV 4K

さらに詳しい仕様についてはメーカーホームページを確認してください。

65UM7500PJAのGoodな点

  • 4K BS/CSチューナーを1系統搭載
    4K BS/CSチューナーが今回1系統搭載されました。
    4K番組を外付けチューナー無しで楽しめると共に、裏で4K番組を録画することが可能になり、さらに4K番組を楽しむことが出来ます。
    4K番組の視聴を考えている方はこちらもご覧ください→4K放送を受信するために準備する点
  • 最新映像処理エンジン【α7 Gen2 Intelligent Processor】搭載
    65UM7500PJAには、同社のスタンダード映像処理エンジン「α7 Gen2 Intelligent Processor」が搭載されています。
    内蔵AIとの協調により有機ELパネルに最適な映像処理を行います。
    その他、周囲の明るさや等も加味した処理を行う為、外光による映像の劣化が起きにくくなっています。
    さらにサウンド面にも処理を加え、より臨場感のある鮮明な音を演出してくれます。 
  • 立体音響技術「Dolby Atomos」搭載
    65UM7500PJAは新時代のサラウンドを実現する立体音響技術の「Dolby Atomos」を搭載しています。
    リビングにいながらまるで映像の中に入ったかのような臨場感のある音響を体験することが出来ます。

65UM7500PJAの「もう一つ」な点

  • 4K BS/CSチューナーは1系統
    今回トレンドである4K BS/CSチューナーが1系統搭載されました。
    しかし国内の上位モデルには、既に2系統がスタンダードになっており、一歩遅れている感は否めません。一応録画は可能です。
  • 裏で録画できるのは1番組
    65UM7500PJAには、通常の地デジ/BS/CSチューナーが2系統搭載されていますが、それぞれ視聴専用及び録画専用の為、裏で録画できるのは1番組までとなります。
    複数の番組を録画する可能性がある場合は、別途BDレコーダーを購入してください。
  • スピーカーはかなり非力
    今回UM7500Pシリーズに搭載されているスピーカーは、SM8100Pシリーズと同じ1ウェイ2スピーカー(合計20W)です。
    65インチの大画面にしては、スピーカーの出力が少し非力です。
    音に少し不安が残る場合は、ホームシアターまたはサウンドバー導入を検討してください。
  • 対応VODサービスに注意
    65UM7500PJAはインターネットに接続して、様々なサービスを利用することが出来ます。
    もちろんVODサービスも利用できますが、対応VODに注意が必要です。
    主要なVODサービスとしては、Huluに非対応です。


65UM7500PJAは買いなのか?

こんな方にオススメ

  • 50V以上の大画面テレビが欲しい
  • テレビを斜めから見ることが多い
  • メーカーにはこだわらない
  • スペック等はそこまで重要ではない

こんな方はちょっと待った

  • 様々なVODサービスを利用する(特にHulu)
  • 画質にこだわりたい
  • スペック重視でテレビを検討する

65UM7500PJA総評

 同社の4K液晶テレビには、「NanoCellTV」シリーズがラインナップされていますが、本モデルはそれらよりも下位に位置するシリーズになります。
全体的にはSM8100Pシリーズから「NanoCell」技術を抜いたようなイメージです。

 とはいえ、映像処理エンジンにはNanoCellTVシリーズにも搭載されている新開発の映像処理エンジン「 α7 Gen2 Intelligent Processor 」が搭載されています。
AIを活用したノイズ処理、サウンドも今回はAIを活用しているということなので非常に期待する一台です。
パネル自体もIPSが採用されており、色階調性や視野角については液晶でも得意としています。
さらにエッジ型のLEDバックライトではなく、直下型のLEDバックライトが採用されています。
惜しいのは部分制御機能がない為、直下型のメリットを享受しにくい点です。
それに加えLGのレベルが上がってきたとはいえ、PanasonicやSHARP等の国内有名メーカーと比べるとまだ画質に粗さがある部分もあり、画質を重きに検討する場合は要注意です。

 本モデルで4K BS/CSチューナーが搭載されたのは喜ばしいことですが、国内モデルが軒並み2系統であるところ、65UM7500PJAは1系統しか搭載されていません。
視聴するだけであれば特に問題はありませんが、見たい4K番組が重なるとどちらかを諦めなければなりません。その点は注意です。

 さらに、ベーシックモデルですから、機能にそこまで期待してはいけません。また、スピーカーも最低限のランクですから音にこだわる方は別途ホームシアターを導入することをオススメします。


 65インチモデルは、最安値で現在15万円程度であり、国内のモデル、例えばSONYのX8550Gシリーズ65インチモデルと比べても価格的に優秀です。
ところが、同社の一つ上のグレード65SM8100PJB15万円程度である為、同じ価格であれば特に本モデルを購入する理由がないので、65SM8100Pをおすすめします。

65UM7500PJAの評価(MAX★5)

画質 ★★
録画機能 ★★
VODサービス ★★★
コストパフォーマンス ★★
ファミリーユース(家族向け)  オススメ度 ★★
シングルユース(一人暮らし向け)  オススメ度

UM7500PJAシリーズ他サイズ

43インチ

55インチ

【VOD利用者必見】オススメ光回線ランキング

VODを快適に利用するには光回線が推奨されます。 光回線はキャッシュバックも充実しており、新規はもちろんのこと、乗り換えで違約金等を差し引いても実質プラスになる会社がほとんどです。
中には10万円以上のキャッシュバックも受けられます!!
【10万円キャッシュバックも!?】オススメ光サービスランキングはコチラ

賃貸でもテレビを壁掛けに!?

賃貸住宅でも「とある金具」を使用することで、現状復旧可能な状態でテレビを壁掛け設置することが出来ます!!
【賃貸でもOK】テレビを壁掛けにする方法はコチラ

キャンペーン情報

今なら基本プランでテレビ&レコーダー3台までセットで初回1980円(税込み)!!
ココロ動くミライへ スカパー!