LG SIGNATURE OLED88Z9PJAってどうなの?

LG-有機EL88インチ


評価:3

このページでは、LG SIGNATUREのフラッグシップ8K有機EL【OLED88Z9PJA】のポイントを紹介します。
OLED88Z9PJA】は、LG初の市販8K有機ELテレビです。
国内ではSHARPから発売されている8K液晶テレビAX1シリーズが有名です。
しかし国内で市販される8K有機ELテレビとしては本モデルが初です。

88インチのみのラインナップです。



基本仕様

型番 OLED88Z9PJA
発売時期 2019年9月
パネル 有機EL
バックライト
解像度 8K(7,680×4,320)
HDR(ハイダイナミックレンジ) 8K CINEMA HDR™/
4Kコンテンツのみ(HLG/HDR10/Dolby Vision™
8Kチューナー
4Kチューナー 1
地上デジタルデジチューナー 3
BS/CSデジタルチューナー 3
外付けHDD録画
裏録画 2番組(4Kは1番組)
倍速駆動
SeeQVault
ARC ○(eARCにも対応)
インターネット 有線/無線
定格消費電力 1120W

VOD対応状況
AbemaTV
Amazonプライムビデオ
DAZN ※初回31日間無料
DMM.com ※初回2週間無料
dTV ※初回31日間無料
GYAO
Hulu ※初回2週間無料
NETFLIX
TSUTAYA TV ※初回30日間無料
U-NEXT ※初回30日間無料
YouTube
アクトビラ
アクトビラ 4K
スカパー!(オンデマンド)
ひかりTV
ひかりTV 4K

さらに詳しい仕様についてはメーカーホームページを確認してください。

OLED88Z9PJAのGoodな点

  • 国内市販初8K有機ELパネル搭載
    OLED88Z9PJAには、国内で市販されるテレビとしては初の8K有機ELパネルを搭載しています。
    8K液晶パネルはSHARPが既に販売していますが、大画面化することが難しい有機ELパネルを88インチのサイズで実現しています。
  • 合計6つ最大80W出力高音質スピーカー
    OLED88Z9PJA には、フルレンジ:2個/20W ツイーター:2個/20W ウーファー:2個/20W+20Wの合計6つ80Wの大出力スピーカーが搭載されています。
    出力はもちろんの事、DolbyAtomosなどの音響効果にも対応している為、臨場感あふれる音を楽しむことが出来ます。
  • 同社最上級画像処理エンジン『α9 Gen2 Intelligent Processor 8K』 搭載
    OLED88Z9PJAには、同社の最上位画像処理エンジンである『 α9 Gen2 Intelligent Processor 8K 』が搭載されています。
    フルHDや4K映像を高い精度でアップコンバート処理をかけ、入力された映像の解像度を内蔵されたAIが自動的に認識して、最適なコントロールを行ってくれます。

OLED88Z9PJAの「もう一つ」な点

  • 8Kチューナーは非搭載
    OLED88Z9PJAの先代モデルは、TH-65GX850です。
    型番からもわかるように、先代からの変更点がそこまでありませんから、買い替え用途では候補に挙がりにくいです。
  • 8Kを入力するにはHDMI1本での伝送に対応した製品が必要
    8Kチューナーは搭載されていませんから、外付けの8Kチューナーを接続することで高画質な映像を楽しむことが出来ます。
    ただし、OLED88Z9PJAのHDMI端子は、ケーブル一本で8Kのデータを伝送できる前提です。
    SHARPが採用している4本のHDMIを接続することによって8K伝送を可能にする方法は今か、ら


OLED88Z9PJA総評

【録画・チューナー関連】

OLED88Z9PJAには、4K 1系統、通常3系統のチューナーが搭載されており、裏録画も通常番組2番組、4Kは1番組(同時視聴は不可)録画することが可能です。
ただ残念なのは、8Kテレビなのに8Kチューナーが搭載されていないことです。
SHARPが既に8Kチューナー内蔵モデルを発売していることを考えると、8Kチューナーを内蔵してほしかったところです。
現状では、8K番組を視聴することはできません。
SHARPが8Kチューナーを発売していますが、HDMIを4本使用した仕様であるため、HDMI1本で8K入力仕様であるOLED88Z9PJAには接続することが出来ませんのでご注意ください。

【画質】

 同社のフラッグシップ画像処理エンジンの8K Verである 【α9 Gen2 Intelligent Processor 8K】が搭載されていますし、有機ELのハイコントラストで艶やかな映像との相乗効果で、相当な質になっています。
視野角についても、有機ELは自発光ですから十分に広く、かなり細かい区切りで輝度を調整することで、外光が多いシチュエーションでもくっきりとした映像を見ることが出来ます。
もちろん倍速もありますから、滑らかで臨場感のある体験が出来るでしょう。

【サウンド】

  本モデルには外付けスピーカー顔負けの合計出力80Wのスピーカーが搭載されており、パワーには全く問題ありません。
さらに2chのサウンドを5.1chに変換する機能も搭載されている為、より臨場感のある音にしてくれます。
また、立体音響技術であるDolbyAtomosにも対応しており、幅広い音域を鳴らしてくれるため、臨場感ある音響体験が可能です。

【デザイン】

 バックライトが必要ない有機ELですから、4辺でかなり狭いベゼルが採用されており、壁との一体感が増し、映像への没入感が高まります。
 さらにOLED88Z9PJA専用のテレビ台も付属してきます。テレビ台を含めたトータルでデザインされた一体感のあるデザインは、テレビというよりも「画」を見ているかのような体験すらできます。
(壁掛けもちろん可能です)

【その他】

ハイエンドモデルなのですが、VODには現状では対応しているという情報はありません。
LGの従来通りのOSが搭載されるのであれば、アプリを後からインストールすることが出来るはずですが、いまいちここに関しての情報が曖昧の為、注意が必要です。
 ちなみにこのテレビを購入する人は気にしないと思いますが、消費電力が1120Wとかなりのヘビー級です。
たこ足配線などを行っている方は、専用のコンセントを確保したほうが良いでしょう。

【価格】

価格は執筆時点の価格com最安値で3,290,000円となっています。
受注生産品ですし、8Kの88インチ有機ELということもあって非常に高額になっています。
少しいい車が購入できる金額ですね。

ひとこと

日本市場に投入された初の8K有機ELテレビとして話題を集めましたが、8Kチューナーが内蔵されていない事、現状本モデルに接続することが出来る外付け8Kチューナーが搭載されていないことを考えると少し残念ではあります。
LGとしても話題性を重視していると思いますから、そこまでスペックは詰めなかったのでしょう。
一応外部からの8K入力(HDMI1本)には対応していますから、PCなどの8K出力可能なデバイスがあれば最大限に威力を発揮するでしょう。

OLED88Z9PJAは買いなのか?

こんな方にオススメ

  • お金に余裕がある
  • 最新技術に興味がある

こんな方はちょっと待った

  • 実用的なテレビを求めている

OLED88Z9PJAの評価(MAX★5)

画質 ★★★★
録画機能(チューナー等) ★★
VODサービス 評価無し
コストパフォーマンス
ファミリーユース(家族向け)  オススメ度
シングルユース(一人暮らし向け)  オススメ度

OLED88Z9PJA LGエレクトロニクス 【受注生産品】88V型 有機ELパネル 地上・BS・110度CSデジタル 8K対応 4Kチューナー内蔵テレビ

【VOD利用者必見】オススメ光回線ランキング

VODを快適に利用するには光回線が推奨されます。 光回線はキャッシュバックも充実しており、新規はもちろんのこと、乗り換えで違約金等を差し引いても実質プラスになる会社がほとんどです。
中には10万円以上のキャッシュバックも受けられます!!
【10万円キャッシュバックも!?】オススメ光サービスランキングはコチラ

賃貸でもテレビを壁掛けに!?

賃貸住宅でも「とある金具」を使用することで、現状復旧可能な状態でテレビを壁掛け設置することが出来ます!!
【賃貸でもOK】テレビを壁掛けにする方法はコチラ

キャンペーン情報

今なら基本プランでテレビ&レコーダー3台までセットで初回1980円(税込み)!!
ココロ動くミライへ スカパー!