おうちクラウドディーガ DMR-2T200(DMR-2CT200)ってどうなの?

Panasonic(パナソニック)2TB, 3チューナー


このページでは、Panasonicの【おうちクラウドディーガ】シリーズから発売されているスタンダードブルーレイレコーダー【DMR-2T200(DMR-2CT200)】のポイントを紹介します。

DMR-2T200(DMR-2CT200)】は、地デジ/BS/CSチューナーを3系統搭載したブルーレイレコーダーです。
同じような型番で【DMR-2CT200】が発売されています。違いは流通経路だけでDMR-2T200と全く同じ商品です。
DMR-2T200がオンライン流通品でDMR-2CT200は家電量販店流通品となります。



DMR-2T200(DMR-2CT200)基本仕様

発売時期 2019年8月
内蔵HDD容量 3TB(3000GB)
4K BS/CSチューナー
地デジチューナー 3 (BS/CSと共用)
BS/CSデジタルチューナー 3 (地デジと共用)
4K出力
HDR出力
長時間録画モード 最大15倍
複数同時録画 ○(3番組)
タイムシフト録画
外付けHDD録画
SeeQVault
対応メディア(再生) BD-R/R DL/R XL/RE/RE DL/RE XL
DVD±R/±R DL/±RW/-RAM
CD-R/RW
対応メディア(録画)  BD-R/R DL/R XL/RE/RE DL/RE XL
DVD-R/-R DL/-RW/-RAM
CDは非対応
ULTRA HD Blu-ray
3D対応
対応リンク機能 ビエラリンク
リモート予約
番組持ち出し
インターネット ○(無線/有線)
消費電力 19W

VOD対応状況
AbemaTV
Amazonプライムビデオ
DAZN ※初回31日間無料
DMM.com ※初回2週間無料
dTV ※初回31日間無料
GYAO
Hulu ※初回2週間無料
NETFLIX
TSUTAYA TV ※初回30日間無料
U-NEXT ※初回30日間無料
YouTube
アクトビラ
アクトビラ 4K
スカパー!(オンデマンド)
ひかりTV
ひかりTV 4K

さらに詳しい仕様についてはメーカーホームページを確認してください。

DMR-2T200(DMR-2CT200)のGoodな点

  • おうちクラウドでデータを一括管理
    製品シリーズ名にもなっている【おうちクラウド機能】ももちろん搭載されています。
    番組・音楽データ・写真・動画】をDMR-2T200(DMR-2CT200)に集約し、一括管理することが可能で、簡単にスマホ持ち出しなど可能にです。

  • ビエラで培った高画質技術を多数搭載
    Panasonicのビエラで培った高画質技術が多数搭載されています。「アドバンスドAVCエンコーダー」「4Kリアルクロマプロセッサ」「 4Kダイレクトクロマアップコンバート 」「 4K超解像/W超解像 」などにより、通常の映像もより洗練された映像にしてくれます。

DMR-2T200(DMR-2CT200)の「もう一つ」な点

  • VODは「アクトビラ」以外非対応
    DMR-2T200(DMR-2CT200)は、VODサービス対応ということで「アクトビラ」に対応しています。
    逆に言ってしまうとアクトビラにしか対応していません。
    本モデルの売り文句で「VOD対応」と紹介していることが多いですが、期待してはいけません。
  • 中途半端に4Kアップコンバート搭載
    DMR-2T200(DMR-2CT200)には4K出力機能が搭載されています。
    しかしULTRA HD Blu-rayや4Kチューナーが搭載されているわけではありません。
    対象はブルーレイ等のディスクコンテンツになるのですが、中途半端に4K出力を搭載するよりも、削ってその分価格を下げる方が良いのではないかと思います。


DMR-2T200(DMR-2CT200)総評

 本モデルはいたって普通のブルーレイレコーダーといった印象です。
3系統の地デジ/BS/CSチューナーやお部屋ジャンプリンクについては対応しています。
Panasonicのお家芸である「おうちクラウド」機能ももちろん搭載されていますから、4K等にはそこまで興味ないけど、データの一括管理に興味がある方向けではないでしょうか。

 高画質技術については、VIERAで培ったノウハウがありますから、地デジやBS/CSをよりキレイに表現してくれます。
 モデル的にはHDMI経由での4K出力に対応しているようですが、4KチューナーやUltra HD Blu-ray等の4K関連機能には対応していません。そこだけが惜しいところです。
疑問に思う方もいらっしゃると思いますが、4K関連機能に非対応なのになぜ4K出力に対応しているのか。
それは、通所のブルーレイ等を4K解像度にアップコンバートすることで、4K出力を可能にしているようです。
正直この機能はそこまで魅力を感じないので、機能を削ってコストを少し下げて頂きたいところです。

 先代モデルから引き継いでいる【おうちクラウド】についても、レコーダー単体で番組から音楽、動画、写真をすべて管理可能な手軽さは、データ管理に四苦八苦しているライトユーザーにとっては非常に心強い機能となるでしょう。
もちろんDMR-2T200(DMR-2CT200)からスマートフォンにデータを転送して持ち出すことが可能ですからDMR-2T200(DMR-2CT200)をベースとして必要なデータだけを持ち運べます。

 筐体はPanasonicが少し前から採用してるホワイトのキューブ型が採用されています。この筐体は横幅が抑えられており、全体的にコンパクトにデザインされている為、テレビ付近のレコーダーを設置するスペースが限られている方にピッタリです。
もちろんインテリアを明るい色で揃えたい方にも有効です。

価格は8万円前後とスタンダードなトリプルチューナーレコーダーとしては少し高い設定かもしれません。
8万円あれば、4Kに対応したDMR-4S100が購入できる為、特にこだわりがない場合は DMR-4S100 をおすすめします。

DMR-2T200(DMR-2CT200)は買いなのか?

こんな方にオススメ

  • ファミリーで見たい番組が重なることが多い
  • データを一括で管理し、テレビでも動画や写真を楽しみたい
  • レコーダー設置場所が限られている
  • 明るい色のレコーダーが良い
  • レコーダーに高機能を求めていない

こんな方はちょっと待った

  • 見たい番組が重ならない
  • 別の媒体でデータ管理している
  • 4KチューナーやUltra HD Blu-ray機能狙い

DMR-2T200(DMR-2CT200)の評価(MAX★5)

録画機能 ★★★
主要機能対応状況 ★★★
便利機能充実度 ★★★
コストパフォーマンス ★★
ファミリーユース(家族向け)  オススメ度 ★★★
シングルユース(一人暮らし向け)  オススメ度 ★★

【VOD利用者必見】オススメ光回線ランキング

VODを快適に利用するには光回線が推奨されます。 光回線はキャッシュバックも充実しており、新規はもちろんのこと、乗り換えで違約金等を差し引いても実質プラスになる会社がほとんどです。
中には10万円以上のキャッシュバックも受けられます!!
【10万円キャッシュバックも!?】オススメ光サービスランキングはコチラ

賃貸でもテレビを壁掛けに!?

賃貸住宅でも「とある金具」を使用することで、現状復旧可能な状態でテレビを壁掛け設置することが出来ます!!
【賃貸でもOK】テレビを壁掛けにする方法はコチラ

キャンペーン情報

今なら基本プランでテレビ&レコーダー3台までセットで初回1980円(税込み)!!
ココロ動くミライへ スカパー!