Panasonic VIERAの主な高画質技術

このページではPanasonicのテレビに搭載されている代表的な高画質技術を解説します。
日々映像技術は進歩しており、新しいテレビが発表されるたびに新技術が投入されており、
どれがどのような働きをしているかを今一度確認する為にも参考にして頂ければと思います。

ヘキサクロマドライブ&ヘキサクロマドライブプラス

ヘキサクロマドライブはPanasonicのメインストリームとなる高画質技術です。
複数の細かな高画質技術が複合した機能で、基本的な映像の処理はこの機能がほとんど行っています。
モデルによって搭載される技術が少し違い、上位モデルには「ヘキサクロマドライブプラス」が搭載されスタンダードモデルには「ヘキサクロマドライブ」が搭載されます。
どちらもノイズ低減やディティールの処理、暗部と明部の処理等を担っています。

ヘキサクロマドライブ

解像度の低い映像を映し出す際に、どうしてもボヤケがちな木々のディティールなどをシャープに処理し高い質感を実現します。
逆に「空」のようなディティールが必要ない部分では、ノイズが目立たないように滑らかに処理を加え同じく高い質感を実現します。

 

ヘキサクロマドライブ+

新有機ELパネル & 新開発制御技術

上位有機ELモデルに使用される技術で新開発の有機ELディスプレイの持つ輝度を最大限を引き出す制御を行います。
よってある映像のワンシーンに輝度の異なる箇所が複数存在していても、各所を忠実に再現する制御を行いハイコントラストの映像を映し出すことが出来ます。

 

DYNAMIC 3D-LUT

プロの現場で使用されるカラーマネジメント機能回路である「3D-LUT」を進化させ、動的に補正量を変化させる「ダイナミック3D-LUT」を搭載しています。

これにより有機ELの得意な暗部はもちろんのこと、明部に関しても忠実な色再現が可能になっています。
さらに高輝度有機ELパネルを使用した上位機種ならではの高輝度HDRにより、滑らかな階調表現が可能になっています。

 

 

ブラックフィルター

外光によって映像が薄くなったり色がおかしくなったりすることは比較的よくある事象ですが、ブラックフィルターではその点にも配慮しています。
パネルの上に特殊なフィルムが複数枚貼られており、外光による反射を抑えています。
ブラックフィルターによって反射が抑えられることでテレビが映し出した色そのままを外光の影響なく楽しむことが出来ます。

 

4Kファインリマスターエンジン

この機能は4Kよりも小さな解像度で配信されているコンテンツに対して効果を発揮します。
通常地上デジタル放送やBS・CSデジタル放送、Blu-rayコンテンツは4K解像度ではない為、そのまま4Kテレビに出力してしまうと解像度の「アラ」が目立ってしまいます。
4Kファインリマスターエンジンは映像を部分ごとに細かく解析し、アップコンバートする際のノイズ等を低減することにより元の解像度を感じさせない映像を表現することが出来ます。

 

ULTRA HD PREMIUM

ULTRA HD PREMIUM技術は通常の4K映像やHDR映像よりも高いレベルの映像技術になります。
有名なハリウッドでも研鑽された確かな技術をパナソニックは独自のテクノロジーで突き詰めていき、ハイコントラストでよりリアルな映像、そして色と質感を再現することが出来ます。

 

なぜPnasonicがこのような技術を突き詰めることが出来るのかは本場ハリウッドに秘密があります。
Panasonicはハリウッドに「パナソニックハリウッド研究所」という施設を持っているのです。
研究所にはオープンに映像の研究をすることが出来るスペースもある為、著名な映像クリエイターや監督と活発に意見交換を行うことが可能でその場では最先端のシネマテクノロジーについて活発な議論が行われているそうです。

 

スポーツモード

スポーツに特化したモードをPanasonicは用意しています。
サッカーであれば芝の緑、照明の白などを独自解析し臨場感のある映像に仕上げます。
また映像と共に音も調整されるため、臨場感のある映像とサウンドを楽しめます。

 

 

Wエリア制御

直下型LEDバックライトを使用している点を活かし、繊細な制御を行うことで「コントラスト制御」「エリア制御」の2つを可能にしました。

コントラスト制御では信号処理による綿密な処理を可能にし、明暗のクッキリとしたハイコントラストな映像を実現することが出来ます。

エリア制御では映像の明暗によってバックライトの輝度を制御することで本物の黒に近い締まった黒を演出できます。

 

 

色忠実補正回路

多くの補正ポイントを持つ「色忠実補正回路」を使用して幅広い輝度の映像を処理します。
色彩の濃いメリハリのある映像を楽しむことが出来ます。

「色補正前」

「色補正後」