お知らせ

当ブログにお越しいただきありがとうございます。
現在当ブログは記事の追加途中です。
コンテンツ数的にはまだ少ない状況ですが、随時記事を追加していきますので、よろしくお願いします。

【ポイント紹介】REAL RA1000シリーズ(LCD-A40RA1000/LCD-A50RA1000/LCD-A58RA1000)

2018-11-03

このページでは、MITSUBISHI REALシリーズ「RA1000」シリーズのポイントを紹介します。
RA1000シリーズはREALシリーズ初の4K衛星チューナーを搭載した4K液晶テレビです。

サイズラインナップは40インチ・50インチ・58インチの3サイズとなっています。

基本仕様

基本仕様 RA1000(新シリーズ)
パネル 不明
バックライト エッジ型LED
解像度 4K(3840×2160)
HDR(ハイダイナミックレンジ) 〇(HDMI入力対応)
4Kチューナー 2(BS/CS)
地デジ/BS/CSチューナー 3
外付けHDD録画
複数同時録画
倍速液晶
SeeQVault
ARC
インターネット 有線/無線
定格消費電力 118-174W
VOD対応状況
AbemaTV
Amazonビデオ
DAZN
DMM.com
dTV
GYAO
Hulu
Netflix
niconico
TSUTAYA TV
U-NEXT
YouTube
アクトビラ
アクトビラ4K
ひかりTV
ひかりTV4K

 

詳しい仕様についてはメーカーホームページを確認してください。

 

RA1000シリーズのGoodな点

  • 4K衛星チューナーを2系統搭載

4K衛星放送チューナーを2系統搭載しています。もちろん4K衛星放送を裏で録画することも可能です。
他社からはチューナーを1系統しか搭載していないモデルもありますので、2系統搭載しているというのは大きいですね。

  • 2TB HDD搭載BDレコーダーを内蔵

MITSUBISHIと言えばBDレコーダー内臓テレビが得意なメーカーです。もちろん今回のRA1000シリーズにもBDレコーダーが搭載されています。
通常は別で設置するレコーダーが一体型となっていることで、省スペースでテレビとの親和性も抜群です。
内蔵BDレコーダーは2TBのHDDを搭載しており、4K番組も長時間録画可能です。
容量が少ないと感じたらもちろん別売りの外付けHDDを接続して容量を増やすことも可能です。
BDドライブ部は最新規格のUltra HD Blu-rayに対応しており、4Kで収録されたBDレコーダーを再生することが可能です。

 

RA1000シリーズの「もう一つ」な点

  • バックライトにエッジ型が採用されている

「RA1000シリーズ」はMITSUBISHIのフラッグシップモデルではありますが、バックライトにエッジ型が採用されています。
4K液晶やチューナー2系統と他の装備がいいだけに直下型を採用してほしかったところです。

  • ネットワーク関連機能が弱い

「RA1000シリーズ」は背面にLANコネクタ、無線LANも搭載されており、YoutubeをはじめとしたVOD等のネットワークサービスを利用することが出来ます。
しかし対応しているVODサービスが他社に比べて極端に少なく、HuluやNetFlix、Amazonといった主要なサービスに対応していません。

RA1000シリーズは買いなのか?

こんな方にオススメ

「RA1000シリーズ」は4K衛星チューナーを2系統搭載しており、MITSUBISHIが得意としているBDレコーダー内臓であることから、別でレコーダーを置きにくいシーンでも設置することが可能です。
また、テレビとは別にレコーダーが増えることによってそれぞれの操作方法を覚えなくてはならず、機械に弱い方にとっては懸念点になります。
しかし「RA1000シリーズ」は一台で4Kの録画も完結する為、手軽に高画質を楽しみたい方にはピッタリの一台です。

 

こんな方はちょっと待った

「RA1000シリーズ」は先述した通り、他社と比べてネットワークサービスが弱く対応しているVODサービスがの数が少ないです。
よって、VODサービスを主に利用される方にはあまりオススメできません。
一応アクトビラやYoutube、TSUTAYA TVには対応しているので、「これで十分」という方であれば検討もありかもしれません。

 

RA1000シリーズ総評

「RA1000シリーズ」は2系統の衛星チューナー搭載、4K液晶、Ultra HD Blu-ray対応BDレコーダー内臓と、使いやすさと高画質を兼ね備えたバランスの良いモデルです。
レコーダーを別で設置しなくてよいというメリットと、リモコン一つでBDレコーダーも操作でできますので扱いやすさはトップクラスではないでしょうか。
初期投資を抑えることもできますので、導入のしやすさでも他社より一歩出ています。
ただ再三書いてますがネットワークサービスが弱い点だけ留意して検討していただければと思います。