SONY BRAVIA A80Kシリーズは買いか(XRJ-55A80K/XRJ-65A80K/XRJ-77A80K)


SONY-有機EL3チューナー,4K,4K 3チューナー,55インチ,65インチ,77インチ,有機EL

 SONYのBRAVIAブランドから発売されている2022年夏モデル【A80Kシリーズ】のポイントを紹介していきます。
A80Kは、2022夏モデルの中では一応スタンダードの有機ELテレビになっていますが、中身的には他社のミドルからハイグレード並みの性能は持ち合わせているため、いい意味で裏切ってくれる一台です。

画面サイズは、55/65/77インチがラインナップされています。



基本仕様

発売時期2022年8月
パネル有機EL(OLED)
バックライト-
解像度4K(3840×2160)
対応HDRHDR10 / HLG / Dolby Vision
8K BSチューナー-
4K BS/CSチューナー3
地上デジタルチューナー3
BS/CS デジタルチューナー3
外付けHDD録画
裏録画
倍速駆動
SeeQVault-
ARC○(eARC)
LAN有線/W-Fi
定格消費電力55インチ:351W
65インチ:449W
77インチ:552W
VOD対応状況
AbemaTV
Amazonプライムビデオ
DAZN※初回31日間無料-
DMM.com※初回2週間無料
dTV※初回31日間無料
GYAO
Hulu※初回2週間無料
NETFLIX
TSUTAYA TV※初回30日間無料-
U-NEXT※初回30日間無料
スカパーオンデマンド-
Youtube
アクトビラ-
Paravi-
ひかりTV
TVer

※最新の情報については、メーカーホームページをご確認ください

A80Kシリーズ各ポイント評価

【録画・チューナー関連】

A80Kシリーズは、4K3系統、地デジ3系統、BS/CS3系統が搭載されており、ネイティブで4K放送を視聴・録画することが可能です。

各メーカー4Kチューナーは搭載してきていますが、SONYの一歩進んでいるところは4Kを3系統搭載してきているところです。
他社が2系統止まりの中3系統用意してきているので、より多くの4K番組を録画したいとなると、チューナー数の多さは大きなアドバンテージとなります。

また、録画に関しては基本的にA80Kシリーズでテレビ番組を録画する場合は、別途外付けHDDが必要となりますのでご注意ください。
4K3系統搭載ということで、裏で2番組重なっても録ができたりポテンシャルが高いことから、主に4TB以上の大容量外付けHDDが良いでしょう。
【2022最新】おすすめ外付けHDD 3選

【画質】

 A80Kシリーズは、A95KやA90Kなどと同じ「認知特性プロセッサー」を搭載しています。
これは人が自然な状態で見た時の画をテレビで再現すると銘打って宣伝されています。
今まではリアルさを追求するあまり、不自然な映像になってしまうこともしばしばありましたが、このプロセッサーの登場で、また変わってくるでしょう。
認知特性プロセッサーの搭載は、上位モデルのA95Kと同じですが、採用されている有機ELパネルに違いが出ています。
A80Kに搭載されている有機ELパネルは、通常のいわば普通のパネルが採用されています。
対して上位モデルのA95Kには、改良が加えられたQD-OLEDパネルが採用されています。
やはり下位モデルには少し差をつけてきているようです。
もちろんQD-OLEDのほうがより良い画質ですが、通常の有機ELパネルであっても、非常に良い画です。

【サウンド】

 スピーカーシステムは、画面サイズで搭載されるシステムが異なっています。
77インチには合計出力60Wのものが採用され、55及び65インチモデルには50Wのシステムが採用されています。
 どちらにしても出力としては申し分なく、良い音質でサウンドを楽しめます。
もちろん立体音響技術「DolbyAtmos」にも対応しているため、臨場感の高さも注目です。

 また、視聴環境や視聴位置によって最適な音セッティングを選択してくれる「自動音場補正」もありますから、少しずれた位置で見ていても、正面で視聴しているような調整を行ってくれます。

【2021最新版】おすすめサウンドバー5選【音にこだわれ!!】

【デザイン】

 SONYは有機ELテレビには、没入感を高めるため、非常に狭いベゼルを採用しています。
それはまるで浮いているかのようなデザインを実現する為であり、もちろんこのA80Kシリーズにも同じイズムが継承されています。
スタンドは、A95Kと同じく2種類の設置スタイルが用意されていますが、中身が異なります。
50インチ未満の本モデルは、メーカーでデスク上に置くことも想定されているため、少し浮かせた設置スタイルである「ハイポジション」と通常の低いスタイルで置くことができる「標準ポジション」が用意されています。



【その他】

 SONYということで、PS5との親和性も高くなるように設計されています。
4K120pの入力および表示はもちろんの事、HDRの自動調整、自動低遅延モードなどたくさんの連動設定が用意されています。 

 VODの対応状況は割と全体として割と良いほうで、海外サービス・国内サービス含め対応状況は良好です。
また、FODやTELASAなどの民放各局のVODサービスにも対応しているので、ドラマ視聴なども捗りそうですね。

 これも最近のトレンドとなっておりますが、リモコンにVODサービスの一発ボタンが多く搭載されており、リモコン自体が非常に巨大化してきています。
個人的にはあまりいいとは思いませんが、大人の事情も絡んでいそうなので仕方がないのかもしれません。

【価格】

 価格は執筆時点の価格com最安値で55インチ:270,800円・65インチ:426,000円・77インチ:627,000円となっています。
近年需要が高くなっている55インチはお求めやすい価格となっている一方で、65インチ以上に結構な価格差が出ています。
有機ELはパネルの大きいほうがコストが上がる傾向にあるので、致し方ないですね。

A80Kシリーズは買いか?

 A80Kは型番上は、先述した通り2022夏モデル有機ELの中ではスタンダード扱いとなっていますが、中身をよく見てみると、結構バランスの良い仕上がりになっており、そこら辺のメーカーのハイエンドモデルよりも仕上がりが良いことがわかります。

 4K 3系統、倍速、スピーカーも割と良いとなると、有機ELを考えるうえで必ず候補に入れておきたいところですね。
フラッグシップであるA95Kと比べた時に、価格差を考えるとA80Kで十分な気もします。
もしA80Kを検討するときに65インチ以上は価格がとたんに跳ね上がるため、できれば55インチで考えたいところですが、65インチでも7万ほど差があるので、トップofトップモデルが欲しい場合は仕方ありませんが、「そこまで…」という方はA80Kで問題ないでしょう。

ということで、最終的に買いかどうかと言われれば、初めて有機ELを購入する方、そこまでハイスペックでなくても良いけど、そこそこの性能が欲しい、バランスの取れた万能型が良い方は「買い」でしょう。

A80Kサイズラインナップ

55インチ

65インチ

77インチ

【VODにぴったりWi-FIルーター】

テレビでVODサービスを楽しむ際、回線速度は十分なはずなのにプチプチ止まることありませんか?
それもしかしたらWi-FIルーターが原因かもしれませんよ? ということで管理人的最強ハイコスパWi-FIルーター【TP-LINK Archer AX73】をお勧めします。
管理人が実際に使っているレビュー記事はコチラから

【VOD利用者必見】オススメ光回線ランキング

VODを快適に利用するには光回線が推奨されます。 光回線はキャッシュバックも充実しており、新規はもちろんのこと、乗り換えで違約金等を差し引いても実質プラスになる会社がほとんどです。
中には10万円以上のキャッシュバックも受けられます!!
【10万円キャッシュバックも!?】オススメ光サービスランキングはコチラ

賃貸でもテレビを壁掛けに!?

賃貸住宅でも「とある金具」を使用することで、現状復旧可能な状態でテレビを壁掛け設置することが出来ます!!
【賃貸でもOK】テレビを壁掛けにする方法はコチラ