TCL 65C8ってどうなの?

TCL-液晶テレビ65インチ


評価:4

このページでは、TCLのミドルハイグレード4Kテレビ「C8シリーズ」の65インチモデル【65C8】のポイントを紹介します。
65C8】は、1296分割のマイクロディミング技術などが搭載されています。
また、Dolby Audio対応のサウンドバーが付属する点にも注目してください。

65インチの他に55インチがラインナップされています。



基本仕様

型番 65C8
発売時期 2019年9月
パネル VA
バックライト エッジ型LED
解像度 4K(3840×2160)
HDR(ハイダイナミックレンジ) HDR10/HLG
8Kチューナー
4Kチューナー
地上デジタルデジチューナー 2
BS/CSデジタルチューナー 2
外付けHDD録画
裏録画 1番組
倍速駆動
SeeQVault
ARC
インターネット 有線/無線
定格消費電力 170W

VOD対応状況
AbemaTV
Amazonプライムビデオ
DAZN ※初回31日間無料
DMM.com ※初回2週間無料
dTV ※初回31日間無料
GYAO
Hulu ※初回2週間無料
NETFLIX
TSUTAYA TV ※初回30日間無料
U-NEXT ※初回30日間無料
YouTube
アクトビラ
アクトビラ 4K
スカパー!(オンデマンド)
ひかりTV
ひかりTV 4K

さらに詳しい仕様についてはメーカーホームページを確認してください。

65C8のGoodな点

  • マイクロディミング技術搭載
    65C8には、画面全体を1296ゾーンに分けそれぞれ輝度を調整することにより、風景などの細かい描写をよりリアルに表現することが可能になっています。
    詳しい仕組みはわかりませんが、エッジ型バックライトで実現しているところが非常に興味深いところです。
  • Dolby Audio対応サウンドバーが付属
    薄型テレビの弱点であるスピーカーですが、65C8にはDolby Atomosに対応したサウンドバーがテレビに一体型という形で搭載されます。
    テレビ一体型ですので、画面前に置くよりも一体感が増し、見た目もスッキリします。
    さらにサウンドバーの十分な出力を確保できると共に高音質で濃厚な音を演出してくれます。

65C8の「もう一つ」な点

  • 4K BS/CSチューナー非搭載
    TCLの9月に発売された新機種全般に言えることですが、4K BS/CSチューナーは非搭載となります。
    65C8はTCLのミドルハイグレードという位置づけも考えると、1系統も搭載されていないのは少し残念ですね。
  • スタンドデザインに難あり
    65C8のスタンドデザインは、三本の棒でテレビを支えるようなデザインとなっています。
    一般的な平べったいスタンド等ではない為、設置する場所に気を付けなければなりません。
    3本の棒が全て接地することが出来る場所でないとグラグラしてしまい、最悪転倒してしまいます。


65C8総評

 中国TCLが発売するハイグレード4Kテレビである「65C8」は、2019年9月に発売するモデルとしては全体的に残念な一台という印象です。

マイクロディミング機能やWCGによる広色域には期待できるところですが、ソフトウェア制御による輝度の調整を行うマイクロディミングがどこまで画質に影響してくるかが気になるところではないでしょうか。
一般的に直下型LEDバックライト搭載モデルが行うローカルディミングとは異なり、65C8に搭載されるバックライトはエッジ型LEDです。しかしながら輝度調整は1296分割と言うではありませんか。
ローカルディミングでもそこまでの細かいエリア制御は難しいですから、実際に実物を見て見極める必要がありそうです。

 その他サウンドバーが一体型となって搭載される点は非常に評価できます。
Panasonicを始めとするメーカーが、サウンドバー付きモデルを発売していますが、すべてサウンドバー部分を画面前方に配置する方法です。
しかし65C8ではテレビ画面に一体型として搭載されているので、サウンドバーの分離感が無くなりスッキリとした見た目になっている点は評価できます。

 この時期に投入されるミドルハイグレードであれば、「4K BS/CSチューナー」はマストですから、1系統も搭載されていないのは非常に残念です。
TCL全体的に4Kチューナーを搭載するような動きがないことから、何かしらの大人の事情が絡んでいる可能性は否めません。

 価格自体は、65インチで12万円前後と国内メーカーの65型と比べた時に、コストパフォーマンスの良さが光ると思いきや、内蔵スペックを考えると価格差程の魅力はない為、価格の魔法で購入してしまうのは非常に危険です。
この時期のモデルで「4Kチューナーもなし」、画質も国内メーカーほど期待はできない為、65C8をわざわざ購入する理由もないのかなと思います。

65C8は買いなのか?

こんな方にオススメ

  • モニターとして使う
  • 外付け4Kチューナーを所持している
  • 音には少しこだわりたい

こんな方はちょっと待った

  • 4K BS/CS番組をテレビ単体で見たい
  • 画質にこだわりたい
  • スペック重視でテレビを検討する

65C8の評価(MAX★5)

画質 ★★★
録画機能 ★★
VODサービス ★★★
コストパフォーマンス ★★
ファミリーユース(家族向け)  オススメ度 ★★
シングルユース(一人暮らし向け)  オススメ度

C8シリーズ別サイズ

55インチ

【VOD利用者必見】オススメ光回線ランキング

VODを快適に利用するには光回線が推奨されます。 光回線はキャッシュバックも充実しており、新規はもちろんのこと、乗り換えで違約金等を差し引いても実質プラスになる会社がほとんどです。
中には10万円以上のキャッシュバックも受けられます!!
【10万円キャッシュバックも!?】オススメ光サービスランキングはコチラ

賃貸でもテレビを壁掛けに!?

賃貸住宅でも「とある金具」を使用することで、現状復旧可能な状態でテレビを壁掛け設置することが出来ます!!
【賃貸でもOK】テレビを壁掛けにする方法はコチラ

キャンペーン情報

今なら基本プランでテレビ&レコーダー3台までセットで初回1980円(税込み)!!
ココロ動くミライへ スカパー!