外付け4Kチューナーは買うべきか?内蔵型に買い換えるべきか?

2019-02-16


2018年12月1日から4K衛星放送の本放送が開始されました。
NHKでは同時に8K放送も開始されており、ついにテレビ番組で4Kを体験することが出来るようになりました。
しかし4K放送は従来のチューナーでは受信することが出来ず、専用の4K チューナーを必要とします。

数年前から4K解像度のテレビは発売されていましたが、そのテレビは4Kチューナーを搭載していません。
最近やっと4Kチューナーを内蔵したテレビが発売され始めましたが今現在4Kテレビをお持ちの方は、ほとんどがチューナー未搭載モデルかと思われます。

では現在4Kチューナー未搭載のテレビをお持ちの方が4K放送を受信するために外付けの4Kチューナーを購入するべきか、それとも4Kチューナー内蔵テレビに買い換えるべきかを考えていきたいと思います。

外付け4Kチューナーとは?

外付け4Kチューナーは、4K放送を受信することのできるチューナーを内蔵した機器になります。
基本的にテレビのHDMI端子に接続して、テレビ側の入力切換にて使用します。
4K衛星放送を視聴したい時に、一番低予算で導入可能なのが外付け4Kチューナーになります。

そうなった場合に録画をどうするのかという問題になります。
基本的に録画は外付け4Kチューナーに録画用外付けHDDを接続して、チューナー側で録画予約を行うことで番組を残すことが出来ます。
現在使用しているレコーダー等があっても、それに4K番組を録画することはできません。

チューナー側の映像出力端子は基本的に1系統しか備えられていない為、レコーダーに接続してしまうとレコーダー経由でしか4K放送を視聴することが出来なくなってしまうため、利便性の面から考えてもレコーダーに接続することは現実的ではありません。

外付け4Kチューナーのメリット

  • 4Kテレビを持っていれば、HDMIでチューナーと接続することで4K番組を視聴することが出来る
  • チューナーはテレビとは別になる為、4K録画時にテレビ側に機能制限が発生しない

外付け4Kチューナーのデメリット

  • テレビ側のリモコンで制御できない(一部制御できるモデルもある)
  • 録画は基本的にチューナーに接続した外付けHDDに直接録画
  • テレビに説即する為のケーブルや電源など配線が増える

4Kチューナー内蔵型テレビとは?

4Kチューナー内蔵型テレビはその名の通り、4K衛星放送を受信することが出来るチューナーを内蔵したテレビになります。
2018年中頃にTOSHIBAが日本初の4Kチューナー搭載テレビを発表・発売してから、各社まだ数モデルではありますが4Kチューナー内蔵型テレビを発売しています。


4K番組を視聴した方は4Kチューナー内蔵テレビに買い換える方法もあります。

管理人的にはこの方法が一番オススメです。

というのも、テレビに内蔵されることにより、外付けチューナーで発生する不便さが無くなるからです。
テレビに内蔵されることによっていつも通りの操作で視聴・録画操作が可能になります。
また、内蔵していることによって別で電源やHDMIケーブルの配線をする必要のなくなりゴチャゴチャすることもありません。

4Kチューナー内蔵型テレビのメリット

  • チューナー一体型の為、無駄な配線等が必要ない
  • 録画予約をテレビ側で制御できる

4Kチューナー内蔵型テレビのデメリット

  • まだまだ搭載型は出始めであるため、製品が揃っていない
  • 上記理由から4K番組視聴時には内部パワーを多く必要とするためハード的に機能制限があることが多い

外付け4Kチューナーとチューナー内蔵型テレビはどちらが良い?

それぞれについてメリットデメリットを説明してきましたが、結局どっちがいいの?という話になります。
もちろんシチュエーションによって異なりますから一概にこっちが良いということはありませんので、条件別に分けたいと思います。

外付け4Kチューナーが向いているユーザー

  • 最近4Kテレビを購入した
  • 地上デジタルの4K放送までテレビを買い換える予定はないけど4K衛星放送は楽しみたい
  • 配線が増えたりリモコンが増えるなどは気にしない
  • 4Kを視聴する際に「入力切替」等ひと手間かかっても気にしない

4Kチューナー内蔵型テレビが向いているユーザー

  • 現在使用しているテレビが古く買い換えようと考えている
  • 買い替えを検討している場合、4K 衛星放送に備えようと思っている
  • 配線が増えるのはゴチャゴチャして嫌だ
  • 通常のテレビの選局と同じように操作したい

 

最後に

4K番組はフルHDの4倍の解像度を持っており、そんな高解像度で番組を見れるというのはかなり魅力的ではあります。
本放送が始まったこと、オリンピックが控えているということから4Kテレビの普及が期待されています。

そこで4Kチューナーを導入して4K番組を見るのか、テレビごと買い替えるのか、それぞれメリットもありデメリットもありますのでそれぞれを理解したうえで「テレビの買い替え」か「チューナーの購入」かを検討してください。

 

キャンペーン情報

今なら基本プランでテレビ&レコーダー3台までセットで初回1980円(税込み)!!
ココロ動くミライへ スカパー!


テレビ

Posted by Writer