CES2019でSONY BRAVIAから8Kテレビが発表【Z9G】


現在アメリカのラスベガスで開催されている最新家電や技術の見本市「CES 2019」にて、SONYのBRAVIAブランドから8K解像度の液晶テレビ「Z9G」シリーズが発表されました。
サイズは95型と85型の2サイズで、いずれも超大型サイズのラインナップとなるようです。
日本での発売及び価格は未定となっていますが、アメリカでは今年の春に発売が予定されているようです。

気になる機能は?

現在発売されている「A9Fシリーズ」にも搭載されている、SONYの最上位画像処理エンジン「X1 Ultimate」が搭載されています。
また、8K解像度用の画像処理用データベースも搭載されており、8Kより低い解像度の映像をアップコンバート処理し大画面でもきめの細かい映像を実現するそうです。
さらに搭載されるLEDバックライトには、映像に合わせてバックライトをコントロールしコントラストを調整する「バックライトマスタードライブ」というエリア制御機能が搭載されます。

音質面では、画面の上下に4つのスピーカーが備えられた「Acoustic Multi-Audio™(アコースティック マルチ オーディオ)」により、画面から音が出ているかのような高音質を提供することが出来ると謳われています。
Panasonicの「GX850シリーズ」にも搭載された疑似音響技術である「Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)」に対応すると発表されています。

SHARPに続いて遂にSONYからも8Kテレビが発表・発売という運びになりました。
先日Panasonicの社長が「8Kはニッチなマーケット」とコメントしていましたが、世界全体で見ると開発はかなり進んでいるようです。
コンシューマー向けにはコンテンツ不足から普及に時間がかかるかもしれませんが、エンタープライズ向けには広告での使用やデジタルサイネージ等で需要が見込めるのではないかと思います。

キャンペーン情報

今なら基本プランでテレビ&レコーダー3台までセットで初回1980円(税込み)!!
ココロ動くミライへ スカパー!