Panasonic VIERA TH-48JZ1000ってどうなの?

Panasonic-有機EL48インチ,4K ダブルチューナー,トリプルチューナー,有機EL


 Panasonicの有機EL VIERAリーズのフラグシップモデル【TH-48JZ1000】のポイントを紹介します。
TH-48JZ1000は、フラッグシップモデルであるJZ2000の廉価版モデルになります。
フラッグシップのJZ2000にはない画面サイズで、普及をターゲットに置かれたモデルです。
48インチ以外に55インチ/65インチがラインナップされています。



基本仕様

発売時期2021年4月
パネル有機EL(OLED)
バックライト-
解像度4K(3840×2160)
対応HDRULTRA HD PREMIUM / HDR 10 / HDR10+ / HLG / HLGフォト / DolbyVision
8Kチューナー-
4K BS/CSチューナー2
地上デジタルチューナー3
BS/CS デジタルチューナー3
外付けHDD録画
裏録画
倍速駆動
SeeQVault-
ARC○(eARC)
LAN有線/無線
定格消費電力263W
VOD対応状況
AbemaTV
Amazonプライムビデオ
DAZN※初回31日間無料
DMM.com※初回2週間無料
dTV※初回31日間無料
GYAO-
Hulu※初回2週間無料
NETFLIX
TSUTAYA TV※初回30日間無料
U-NEXT※初回30日間無料
スカパーオンデマンド
Youtube
アクトビラ
Paravi
ひかりTV
TVer

※最新の情報については、メーカーホームページをご確認ください。

TH-48JZ1000のGoodな点

  • 4K/地デジ/BSCSチューナー 2系統搭載
     本モデルは4K BS/CSチューナーを2系統搭載しています。
    4K番組を視聴中でも別のチューナーを使用して裏で録画することが可能であるため、4K放送を存分に楽しむことが可能です。
  • ハイコントラスト有機ELパネルを採用
     今回のTH-48JZ1000には従来よりもより明るく鮮明な有機ELパネルを採用しました。高コントラストにより、鮮やかな色から本物の黒まで幅広い色再現能力を実現しました。
    間違えやすいですが、JZ2000に搭載されている「Dynamicハイコントラスト有機ELパネル」と同じものではありません。
  • VOD対応状況が良い
     最近どこのメーカーもVODの対応に力を入れており、このTH-48JZ1000も例外ではありません。
    大手VODサービスはもちろん、日本独自のTVerやParaviなどの対応状況もよく、VODで困ることはあまりないでしょう。

TH-48JZ1000の「もう一つ」な点

  • スタンドデザインが少しいまいち
     機能性を重視したせいで、スタンドデザインがいまいちとなってしまっています。
    というのもTH-48JZ1000には、万一の地震に備える吸盤の付いた転倒防止スタンドがついています。
    その機能性のためにスタンドがデザインが少しいまいちなサークル型となってしまっています。
  • イネーブルドスピーカーは非搭載
     テレビCMでもよく流れている「音が上から降ってくる」スピーカーは本モデルには搭載されていません。
    搭載されているスピーカーはフルレンジ2基の合計出力30Wに留まります。


TH-48JZ1000総評

【録画・チューナー関連】

 TH-48JZ1000は、4K2系統、地デジ3系統、BS/CS 3系統が搭載されており、ネイティブで4K放送を視聴・録画することが可能です。
通常放送はもちろんですが、4K放送についても2系統搭載しておりますから、裏で録画することが可能となっており、さらに4K放送の楽しみ方が広がります。

【画質】

 有機ELパネル採用ですから、明るい部分は非常に鮮明に、暗い部分はとことん暗くとメリハリがキッカリ効いた非常に見ごたえのある映像に仕上がっています。
さらにPanasonicはチューンを加えてハイコントラスト仕様にカスタマイズされており、 液晶に比べて色の幅がとても広いので、液晶では再現しきれなかった映像のポテンシャルを引き出すことが可能となっています。
ただし、フラッグシップであるJZ2000とは少し異なるパネルになっており、差がつけられています。

【サウンド】

 TH-48JZ1000には、通常のフルレンジスピーカーが2基搭載されており、合計出力も30Wに留まっています。
上位モデルの包まれるようなサウンドを再現する「イネーブルドスピーカー」は非搭載なので気を付けてください。
別途サウンドバーを追加するのもありです。
【2021最新版】おすすめサウンドバー5選【音にこだわれ!!】

【デザイン】

 Panasonicは堅実な商品づくりをする会社ですから、そこまでデザインを求めて購入するメーカーではありません。よってデザイン重視での購入はお勧めできません。
そのかわり実用性は持たせようとする会社ですから、スタンドには吸盤を付け、転倒防止スタンドとしてTH-48JZ1000へ搭載しました。
これは小さなお子さんがいる家庭などには有効で、テレビが倒れてきてしまう事故を起き難くすることが可能です。

【その他】

 TH-48JZ1000にはAndroid TVのように自由にアプリをインストールしてカスタマイズすることができるOSが採用されています。
よって、マーケットからアプリをインストールすることで、様々なVODやその他サービスを楽しむことが可能となっています。
マーケット自体はGoogleには及びませんが、ある程度の自由度はあります。
再度書きますが、搭載されているOSはAndroidTVではなく、独自OSです。

【価格】

価格は執筆時点の価格com最安値で193,000円となっています。
 比較しやすいJZ2000には48インチモデルはラインナップされていないため、単純比較はできないのですが、55インチモデルとの価格差は6万円程度と、画面サイズを鑑みると妥当ではないでしょうか。
どうしても設置スペースの問題で小さい画面サイズを置かなければならない場合は検討するでしょう。

ひとこと

 Panasonicはイネーブルドスピーカーを導入した時から、イネーブルドスピーカーがあるモデルとないモデルを同時発売しています。
搭載されているパネルに差は付けられていますが、大きくはこのスピーカーの有無で決まっているとみて良いでしょう。
もしもすでにシアターシステムが導入されていたり、同じような壁に反射させて音を届けるスピーカーを所有している場合は、あえてJZ1000シリーズを購入する選択も考えられます。

TH-48JZ1000は買いなのか?

こんな方にオススメ

  • 高コントラストでクッキリハッキリした映像が良い
  • 4Kを裏でも録画する
  • 既に高性能なサウンドシステムを持っている
  • 設置スペースが限られている

こんな方はちょっと待った

  • デザインも重視する
  • ギラギラした映像は苦手
  • オールインワンの一体感にこだわる

TH-48JZ1000の評価(MAX★5)

画質★★★★
音質★★
便利機能充実度★★★
コストパフォーマンス★★
ファミリーユース(家族向け) おすすめ度★★★
シングルユース(一人暮らし) おすすめ度★★

JZ1000シリーズ 他ラインナップ

55インチ

65インチ

【VODにぴったりWi-FIルーター】

テレビでVODサービスを楽しむ際、回線速度は十分なはずなのにプチプチ止まることありませんか?
それもしかしたらWi-FIルーターが原因かもしれませんよ? ということで管理人的最強ハイコスパWi-FIルーター【TP-LINK Archer AX73】をお勧めします。
管理人が実際に使っているレビュー記事はコチラから

【VOD利用者必見】オススメ光回線ランキング

VODを快適に利用するには光回線が推奨されます。 光回線はキャッシュバックも充実しており、新規はもちろんのこと、乗り換えで違約金等を差し引いても実質プラスになる会社がほとんどです。
中には10万円以上のキャッシュバックも受けられます!!
【10万円キャッシュバックも!?】オススメ光サービスランキングはコチラ

賃貸でもテレビを壁掛けに!?

賃貸住宅でも「とある金具」を使用することで、現状復旧可能な状態でテレビを壁掛け設置することが出来ます!!
【賃貸でもOK】テレビを壁掛けにする方法はコチラ