エッジ型?直下型?バックライト方式による映像の違い

現在主流の液晶テレビは特殊な液体を封入したガラスとバックライトを組み合わせた構造で作られています。

バックライトは現在ではいろいろな方式が存在しており、方式によって画質に与える影響も大きくなっています。

今回はいくつかあるバックライトの方式と、そのメリットデメリットをご紹介します。

エッジ型バックライト

まずは「エッジ型」と呼ばれるバックライト方式です。

一番普及しているバックライト方式で、液晶テレビが発売された当時からある方式で、今では技術が確立されています。

出典:TOSHIBA公式サイト

エッジ型は、画面の端に蛍光管またはLEDによるバックライト用の光源を配置します。

エッジの名の通り端に配置されているため、画面の左右または上下に光源が配置されています。

メリット

  • 技術が確立されているため、比較的安価
  • 端に高原を配置することで、薄型化し易くなる
  • バックライトをエッジのみの配置で済むので、消費電力が少ない

デメリット

  • 黒色の部分はどうしても白みがかってしまう
  • 画面全体が均一な明るさの為、明暗の大きな映像の場合全体がボヤッとしてしまう
  • 導光板を使用して入るが、光源が端に配置されているため、どうしても画面中心部分の明るさが端に比べて異なる

 

直下型バックライト

直下型バックライトは「直下型」の名前の通りエッジ型とは異なり、端からではなくパネルの真後ろに全体が光るバックライトを配置する方式です。

直下型バックライトにはほぼLEDが使用されています。

メリット

  • 画面すべてのエリアが均一な明るさにすることが出来る
  • 細かい範囲で部分駆動(ローカルディミング)機能を搭載することが出来る
  • コントラスト比を上げる子ことが出来る為、メリハリのある画質

デメリット

  • 液晶パネルの背面にバックライトを配置しなければならない為、どうしても本体が厚くなる
  • 画面全体に光源が配置されるため、消費電力が高い
  • 部品点数が多くなる為、価格も高くなる

出典:Youtube REGZAチャンネル

こちらの動画に直下型バックライトとエッジ型のバックライトの違いによる画質の変化が比較されています。

 

部分駆動(ローカルディミング)とは

バックライトの制御方法に「部分駆動(ローカルディミング)」と呼ばれる技術があります。

この技術は画質に大きな影響を与える技術で、バックライトの輝度を部分部分で別々の制御を行う方法です。

もう少し詳しく部分駆動について説明しましょう。

直下型バックライトは液晶パネルの真後ろ全体にLEDが配置されています。

このLEDをある程度の範囲で別々に輝度制御を行うことによって、映像の黒色の部分は輝度を下げ、明るい部分は輝度を上げるという映像の細部までLEDの輝度を細かく調節することができます。

細かく調節することによって2つのメリットがあります。

純度の高い黒を表現できる

1つ目はのメリットは液晶の弱点である「黒色」をしっかりと表現できることです。

「黒色」をしっかりと表現することによって、他の色もしっかりと色が引き立てられて「引き締まった」映像を表現することが出来ます。

コントラスト比を高くできる

2つ目のメリットはコントラスト比を高くできることです。

コントラスト比を高くできることによってハッキリクッキリとしたメリハリのある映像になり、美麗な映像を映し出すことが出来ます。

 

部分駆動が可能な直下型LEDバックライトは、構造上どうしてもコストが高くなるため価格も高くなりがちですが、画質を求める場合は外せない機能です。

テレビと長く付き合おうと考えている方は、少し高くはなりますが部分駆動が可能な直下型LEDバックライトが搭載されているモデルをお勧めします。

 

有機ELパネルは「部分駆動搭載の直下型LEDバックライト」凄いやつ

ちなみに有機ELパネルはバックライトが搭載されていません。

簡単に言うと画素自体が発光する為です。

よって有機ELは1画面に何万とある画素一つ一つで輝度を調節することが出来ます。

例えるなら「部分駆動搭載の直下型LEDバックライトの凄いやつ」です(笑)

よって液晶テレビよりもコントラスト比や黒色の純度は比にならないぐらい高いです。

 

まとめ

今回は液晶テレビのバックライト方式についてご紹介してきました。

バックライトにもいくつかの方式があることをお分かりいただけましたか?

またバックライトの方式によって画質に影響があるということも理解していただけましたか?

直下型LEDバックライトはどうしてもコストが高くなってしまう為、予算的に難しい場合もあるかとは思いますが、もし選べるのであれば断然「部分駆動の直下型LEDバックライト」搭載モデルをお勧めします。