倍速液晶(パネル)と倍速機能の違いは?

2018-12-20テレビ倍速


テレビを購入するときに「スペック」を気にする方が多いですよね?
そのスペック中でも重要な機能の一つに「倍速」があります。

「倍速」という単語は、液晶テレビで一つの意味を表していたのですが、技術開発により最近では二つの意味を持つようになり始めました。

この二つの意味の違いを明確に知っていなければ、テレビ選びで後々困ることになるかもしれません。
折角購入したのはいいけど「倍速が思っていたのと違う」ということもあります。

そこで今回は「倍速」が持つ二つの意味を解説していきたいと思います。



元々の「倍速」の意味とは

そもそも日本で使用されている「NTSC」というテレビ規格は、60(59.97)フレーム/秒で映像が流れています。
簡単に言うと一秒間に60枚の画が切り替わっているということです。

厳密にはフレームごとに画が一気に切り替わるわけではなく、画面の上から下に向かって順番に次の映像に切り替わっていきます。
ということは、次のフレームに完全に切り替わるまで前回のフレームがそのまま表示されています。
切り替わりが遅いと、動きの速い映像では前フレームの映像が残ってしまい、残像感が強くなってボヤけた映像になります。

Youtubeにわかりやすい動画がありましたので紹介します。

出典:義裕大見 – Youtube

「倍速」は名の通り倍の速度、2倍の速度ということを表しており、残像感が残る映像をどうにか改善できないかと開発されました。
元々「倍速」が出た当初は、一秒間に60フレーム切り替わる映像を、2倍の120フレームにすることで滑らかな映像を実現しているため「倍速」と呼ばれていました。

「倍速」には「倍速駆動」「倍速機能」の二つがある

元々の「倍速」の意味がお分かりいただけましたでしょうか?

最近テレビで使用される「倍速」には大きく分けて二つの意味があります。
それは「倍速駆動」と「倍速機能」の2つです。
それぞれ字は似ていますが大きな違いがあるのです。

倍速駆動

1つ目の意味「倍速駆動」について説明します。

 倍速駆動は、放送される映像の現在のフレームと次のフレームを補完して、テレビ側で生成されたフレームを挟むことで毎秒120というフレームを実現しています。
これにより、従来よりも前フレームが残る時間が短くなり、滑らかな動きを実現することが可能になりました。
「倍速駆動」が使用される場合ほとんどがこの意味で使用されます。
「倍速」が出た当初もこの意味で使用され、長らく「倍速」と言えば120フレームという図式が業界では浸透していました。

倍速機能

2つ目の意味「倍速機能」について説明します。

「倍速機能」は「倍速駆動」のようにフレームとフレームの間に補完したフレームを挿入するわけではなく、LEDバックライトを人間の目では捉えられない速度で点滅させることで、意図的に真っ黒な映像をフレームとフレームの間に挟み、前フレームの映像をいったんリセットして次のフレームを表示します。
これにより前フレームの映像が黒フレームでリセットされる為、残像感を減少させ、映像が滑らかに動いているように見せています。

通常のフレームとフレームの間に真っ黒なフレームを挿入する為、実質的には120フレームということになり、「倍速」という言葉が適用されるようになりました。
テレビによっては真っ黒な映像をフレーム間に差し込むのではなく、輝度を落とした映像を差し込むことがありますが、結局はフレーム間に別のフレームを差し込む為、倍速ということになります。

倍速機能は倍速駆動に到底及ばない

倍速駆動と倍速機能は、一見どちらも映像を滑らかにする機能である為、違いが分かりづらい部分があるかもしれません。
しかし、倍速機能は倍速駆動には到底及ばないということに注意してください。

倍速駆動は、フレーム間を予測してほぼ似たフレームを差し込んで描画するのに対して、倍速機能は真っ黒な映像を挿入しているだけになります。
実際に家電量販店へ足を運んでいただき、倍速駆動のモデルと倍速機能が搭載されているモデルを見比べてみてください。
明らかに倍速駆動で動いているテレビの方が映像の滑らかさを体感できると思います。

やはり実際に120フレームで表示されている映像と、60フレームで表示されている映像に黒を挟んだ映像とでは、実際に見る映像の滑らかさは全然違います。
どちらも「倍速」という単語が付いているため惑わされそうですが、二つの倍速は全然違います。

「倍速駆動」と「倍速機能」をどちらも搭載したテレビもある

全く別物である「倍速駆動」と「倍速機能」は、どちらかを採用しているパターンが多かったのですが、ハイエンドモデルになると「倍速駆動」と「倍速機能」どちらも搭載されたモデルがあります。
例えばSHARPでは「960スピード」「480スピード」と呼ばれている機能がそれに該当します。
バックライトの点滅と倍速駆動パネルを組み合わせて実質480フレーム、960フレームになるという技術です。

しかし、そこまでコマ数を増やさなくても、倍速駆動の120フレームで十分滑らかに見えます。

オススメは「倍速駆動」

倍速について説明してきましたが、私のおすすめは「倍速駆動」パネルです。
動きの速い映像に対しても非常に滑らかに動く為、今までのテレビと世界が変わります。

スポーツなどの動きの速い映像はもちろん、一見あまり動きのないバラエティなどでも「倍速駆動」は威力を発揮しますので、テレビを検討する際は気にして見てみてください。

【VOD利用者必見】オススメ光回線ランキング

VODを快適に利用するには光回線が推奨されます。 光回線はキャッシュバックも充実しており、新規はもちろんのこと、乗り換えで違約金等を差し引いても実質プラスになる会社がほとんどです。
中には10万円以上のキャッシュバックも受けられます!!
【10万円キャッシュバックも!?】オススメ光サービスランキングはコチラ

賃貸でもテレビを壁掛けに!?

賃貸住宅でも「とある金具」を使用することで、現状復旧可能な状態でテレビを壁掛け設置することが出来ます!!
【賃貸でもOK】テレビを壁掛けにする方法はコチラ

キャンペーン情報

今なら基本プランでテレビ&レコーダー3台までセットで初回1980円(税込み)!!
ココロ動くミライへ スカパー!