REGZAブルーレイ DBR-UT209ってどうなの?

TOSHIBA(東芝)2TB, 2チューナー


評価:5

このページでは、TOSHIBAの【REGZAブルーレイ】シリーズから発表されているスタンダードブルーレイレコーダー【DBR-UT209】のポイントを紹介します。
DBR-UT209】は、スタンダードなトリプルチューナー搭載のレコーダーです。
時短をテーマとしてモデルで、時間がない方への機能が充実しています。
なお4K BS/CSチューナーは搭載されていません。
同社のDBR-UT309(3TB)と容量が異なるだけで、機能などは3TBモデルと同じです。



DBR-UT209基本仕様

発売時期2019年11月
内蔵HDD容量2TB(2000GB)
4K BS/CSチューナー
地デジチューナー3 (BS/CSと共用)
BS/CSデジタルチューナー3 (地デジと共用)
4K出力
HDR出力
長時間録画モード最大12倍
複数同時録画○(3番組)
タイムシフト録画
外付けHDD録画
SeeQVault
対応メディア(再生)BD-R/R DL/R XL/RE/RE DL/RE XL
DVD-R/-R DL/-RW/-RAM
CD-R/RW
対応メディア(録画) BD-R/R DL/R XL/RE/RE DL/RE XL
DVD-RW/-R /-R DL
CDは非対応
ULTRA HD Blu-ray
3D対応
対応リンク機能レグザリンク
リモート予約
番組持ち出し
インターネット○(無線/有線)
消費電力最大48W

VOD対応状況
AbemaTV
Amazonプライムビデオ
DAZN ※初回31日間無料
DMM.com ※初回2週間無料
dTV ※初回31日間無料
GYAO
Hulu ※初回2週間無料
NETFLIX
TSUTAYA TV ※初回30日間無料
U-NEXT ※初回30日間無料
YouTube
アクトビラ
アクトビラ 4K
スカパー!(オンデマンド)
ひかりTV
ひかりTV 4K

さらに詳しい仕様についてはメーカーホームページを確認してください。

DBR-UT209のGoodな点

  • SeeQVault対応
    DBR-UT209は、外付けHDDを接続して録画容量を増設することが出来ます。
    通常接続した外付けHDDは、録画した機器以外では番組を再生することが出来ません。
    しかしSeeQVault対応外付けHDDを使用すれば、録画した機器でなくても録画した番組を再生することが出来ます。(再生機器もSeeQVaultに対応している必要があります)
    機器に縛られない点が非常に便利です。
  • ULTRA HD Blu-ray再生対応
    DBR-UT209には、Blu-rayの最新規格【ULTRA HD Blu-ray】の再生に対応しています。
    レコーダー本体も4K HDR出力に対応している為、4Kテレビと接続することで、4K放送と同じく高精細な映像を楽しむことが出来ます。
    ULTRA HD Blu-rayについては、ULTRA HD Blu-rayとは?も併せてご覧ください。

DBR-UT209の「もう一つ」な点

  • 4K BS/CSチューナー非搭載
    スタンダードなトリプルチューナーモデルである為、4K BS/CSチューナーは搭載されていません。
    元々の設定されたターゲットの影響もありますが、ここ最近普及してきている中ですから、1系統でも搭載してほしかったところです。
  • SeeQVault対応SDカードは使用不可
    DBR-UT209には、外付けHDDが特定の機器に縛られない「SeeQVault」に対応しています。
    SeeQVault対応機器には外付けHDDはもちろんの事、SDカード等にも設定されています。
    しかし、DBR-UT209はSDカード自体使用できるのですが、SeeQVault対応機器として録画することはできません。


DBR-UT209総評

TOSHIBAから普及モデルのトリプルチューナー搭載レコーダーが登場しました。
製品の役割がハイエンドではない為、4K BS/CSチューナーが搭載されていません。
普及してきている今のタイミングで投入させるのであれば、1系統でも4K BS/CSチューナーを搭載してほしかったところです。

 4K BS/CSチューナー自体は搭載されていませんが、通常の地デジ/BS/CSは3系統搭載されており、同時に3番組同時に録画することが可能です。
3チューナーを利用してガツガツ録画することが出来る為、 ファミリーで使用する場合でも適しているでしょう。

 4K BS/CSチューナー自体は搭載されていませんが、4Kの出力には対応しています。
Ultra HD Blu-rayに対応している為、対応4Kテレビと接続し、Ultra HD Blu-rayを投入すれば、4K HDR映像を楽しむことが出来ます。
4K番組自体はそこまで。。。でもUltra HD Blu-rayは見るという方にはちょうどいい一台かもしれません。

価格は執筆時点で58,000円前後と、同クラスの他社モデルと比べて妥当な金額というところです。
豊富な編集機能やダビング機能などの、本モデルでコンセプトとされている「時短」にどこまで価値を見出せるかになりそうです。

DBR-UT209は買いなのか?

こんな方にオススメ

  • ファミリーで使用する
  • Ultra HD Blu-rayを楽しむ
  • レコーダーで編集して残す

こんな方はちょっと待った

  • 見たい番組が重ならない
  • 一人暮らしでそこまで視聴時間が多くない
  • 4Kチューナー狙い

DBR-UT209の評価(MAX★5)

録画機能★★★
主要機能対応状況★★
便利機能充実度★★★
コストパフォーマンス★★
ファミリーユース(家族向け)  オススメ度★★★
シングルユース(一人暮らし向け)  オススメ度★★

【VOD利用者必見】オススメ光回線ランキング

VODを快適に利用するには光回線が推奨されます。 光回線はキャッシュバックも充実しており、新規はもちろんのこと、乗り換えで違約金等を差し引いても実質プラスになる会社がほとんどです。
中には10万円以上のキャッシュバックも受けられます!!
【10万円キャッシュバックも!?】オススメ光サービスランキングはコチラ

賃貸でもテレビを壁掛けに!?

賃貸住宅でも「とある金具」を使用することで、現状復旧可能な状態でテレビを壁掛け設置することが出来ます!!
【賃貸でもOK】テレビを壁掛けにする方法はコチラ

キャンペーン情報

今なら基本プランでテレビ&レコーダー3台までセットで初回1980円(税込み)!!
ココロ動くミライへ スカパー!