SHARP AQUOS 4T-C55DP1ってどうなの?

2022-01-10SHARP(シャープ)-液晶テレビ3チューナー,4K,4K 2チューナー,55インチ,液晶


 SHARPのAQUOS DP1ライン【4T-C55DP1】のポイントを紹介します。
同社の新技術「mini LED」が採用されたモデルになります。
液晶パネルの構成も改良が加えられている点にも注目で、同社ではDP1シリーズと8KバージョンのDX1シリーズに「XLED」という名前が与えられています。

55インチの他に、65インチがラインナップされています。

動画でも解説してますので、よろしければ一緒にご覧ください。

(動画は65インチモデルをベースに解説しています。)



基本仕様

発売時期2022年2月
パネルメーカー非公開
バックライト全面直下LED
解像度4K(3840×2160)
対応HDRHDR10+ / HLG / DolbyVision
8K BSチューナー-
4K BS/CSチューナー2
地上デジタルチューナー3
BS/CS デジタルチューナー3
外付けHDD録画
裏録画
倍速駆動
SeeQVault-
ARC
LAN有線/Wi-Fi
定格消費電力※現時点未定
VOD対応状況
AbemaTV
Amazonプライムビデオ
DAZN※初回31日間無料
DMM.com※初回2週間無料-
dTV※初回31日間無料
GYAO
Hulu※初回2週間無料
NETFLIX
TSUTAYA TV※初回30日間無料
U-NEXT※初回30日間無料
スカパーオンデマンド-
Youtube
アクトビラ-
Paravi
ひかりTV-
TVer

※最新の情報については、メーカーホームページをご確認ください。



4T-C55DP1各ポイント評価

【録画・チューナー関連】

 4T-C55DP1は、4K2系統、地デジ3系統、BS/CS 3系統が搭載されており、ネイティブで4K放送を視聴・録画することが可能です。
4Kは2系統なので裏で録画ができることはもちろん、通常の地デジやBS/CSは3系統ですから、視聴や録画に
困ることは少ないでしょう。

【画質】

 本モデルは、バックライトにSHARP新開発となる「mini LED」が採用されています。
mini LEDはバックライトに使われるLEDの個数を従来モデルから約72倍の個数を敷き詰めており、光量が圧倒的に向上しています。また、それぞれで輝度制御が可能な「アクティブmini LED駆動」機能により従来モデルと比べてより高い輝度制御が可能となっています。
 また、映像処理エンジンにも、新しい「Medalist S2X」が搭載されています。新しいバックライトなどに最適化されており、新技術と相まって有機ELに迫るコントラスト表現が可能となりました。
一つ気になるのは、8KバージョンであるDX1シリーズには、N-Wideパネルという広い視野角と反射防止を両立させたパネルが採用されていますが、4T-C55DP1には反射防止のみの「N-Blackパネル」が採用されました。
視野角に対してのフォローがないので気を付けてください。

【サウンド】

 サウンドはツィーター2個、ミッドレンジ4個、サブウーハー×1個、ハイトツィーター×2個、ハイトミッドレンジ×2個の「 AROUNDアラウンド SPEAKERスピーカー SYSTEMシステム PLUSプラス 」を採用し、新開発のミッドレンジスピーカーにより筐体の薄型化したまま高音質をキープしています。
物理的にスピーカーが多いことで、多数の方向から音を出すことができ、臨場感あふれる音響空間を演出します。
実は8KモデルのDX1シリーズよりも合計出力が高く、DX1が70Wに対して4T-C55DP1は80Wと10W勝っています。
一応音楽ライブモードなどのシーンに合わせたチューニング設定もあるようですが、もう少し良い音響で楽しみたい場合は、別途サウンドバーを購入することをオススメします。
【2021最新版】おすすめサウンドバー5選【音にこだわれ!!】

【デザイン】

 スタイリッシュなデザインが特徴のデザインとなりました。一番狭い部分で約0.2cmのベゼルや液晶テレビであるのに厚さたったの2.6cmの薄型化、および金属フレームの採用により、高級感が非常に高まりました。
スタンドデザインこそ長方形のオーソドックスなものですが、その大きさは画面サイズの割には省面積に抑えられています。

【その他】

 今まで独自OS搭載でしたが、遂にAndroidTV搭載となり、できることの幅が広がりました。
また、AndroidTV化しても相変わらずVODの対応状況は良好なほうです。
最近主流なVODサービスは大体対応しており、TOSHIBAのようにNETFLIXが使えないこともありません。

【価格】

価格は執筆時点の価格com最安値で326,000円となっています。
 4K液晶モデルで55インチサイズのテレビとしてみると、いささか高額なイメージとなりますが、本機には「mini LED」「量子ドットリッチカラー」など新技術がたくさん搭載されているため、この金額になってしまっているのかもしれません。
しかし65インチモデルが34万円程度と考えると、ほとんどかかうさが無い為、スペースに余裕があるのであれば65インチモデルを購入したほうがインチパフォーマンスは良さそうですね。

ひとこと

 新開発技術をたくさん詰め込んだ4T-C55DP1は、同社の4Kフラッグシップにふさわしいボリュームで登場してきました。
高密度LEDバックライトシステム「mini LED」や「量子ドットリッチカラー」などが搭載され、その威力は一昔前の有機ELをも凌駕するほどの高コントラスト、および映像美となっており、非常に期待できる一台となっています。
スピーカーも合計80Wの大出力で、テレビにしては割と良い音質ではないでしょうか。
どうしても価格が高いのがネックとなりますが、映像の美しさや、液晶テレビとは思えない高コントラストはぜひ体験してみたいところです。
なんにせよ「XLED」にこれから注目していきたいところです。

DP1シリーズ他サイズ

65インチ

【VODにぴったりWi-FIルーター】

テレビでVODサービスを楽しむ際、回線速度は十分なはずなのにプチプチ止まることありませんか?
それもしかしたらWi-FIルーターが原因かもしれませんよ? ということで管理人的最強ハイコスパWi-FIルーター【TP-LINK Archer AX73】をお勧めします。
管理人が実際に使っているレビュー記事はコチラから

【VOD利用者必見】オススメ光回線ランキング

VODを快適に利用するには光回線が推奨されます。 光回線はキャッシュバックも充実しており、新規はもちろんのこと、乗り換えで違約金等を差し引いても実質プラスになる会社がほとんどです。
中には10万円以上のキャッシュバックも受けられます!!
【10万円キャッシュバックも!?】オススメ光サービスランキングはコチラ

賃貸でもテレビを壁掛けに!?

賃貸住宅でも「とある金具」を使用することで、現状復旧可能な状態でテレビを壁掛け設置することが出来ます!!
【賃貸でもOK】テレビを壁掛けにする方法はコチラ